天神湯

横浜市磯子区岡村3-16-4 Tel:045-751-2659
http://www.1126.jp/tenpo/isogo/tenjin.htm


《神奈川県での宿泊予約は こちら から》
またしても、「横浜市浴場協同組合」がやってくれた。組合のサイトに「鉱泉使用」と書いてあったので訪れてみたところ、温泉はとっくの昔にパイプ詰まりで汲み上げられなくなっていた.. 相変わらず、Webを全くアップデートしていないのだ。この組合のサイトに騙されたのは、これで3度目である。組合には強く猛省を促したい。

この「天神湯」は、弘明寺に程近い住宅地にある銭湯だ。普通、銭湯と言えば、商店街や下町にあることが多いが、ここは山の手の閑静な住宅地にひっそりと建っている。

今でも番台が健在で、脱衣所もレトロ.. 昔ながらの「古き良き銭湯」といった感じである。ところが、浴室内は何とも言えぬ妙な雰囲気なのだ。タイル絵は富士山ではなく西洋の風景画、窓にはステンドグラスっぽいものが貼ってあり、しかもビーナス像(?)が持つ壷から湯が出ている..

浴槽は3つ。いずれも美しいタイル張りだ。昔は温泉の黒湯が張られていたという深めの浴槽は、現在薬湯になっており、バスクリンのような緑色の入浴剤が入れられていた。

私が訪れた日曜の昼下がり、たまたま他に客はおらず、一人でポツンと湯に浸かっていると、まるでここだけ時間が止まっているかのようであった。そう、ここは秘密の隠れ家のような、妙に落ち着く空間なのだ。この雰囲気、私は大いに気に入った。
「やられたっ!」の掟に従い、星は1つとさせていただくが、近くにあれば毎日でも通いたい、そんな銭湯である。
 泉質
非温泉
 日帰り入浴情報
15:00〜21:30 月休 銭湯料金
 アクセス
横浜市営地下鉄弘明寺駅から滝頭または磯子駅前行きバスで約8分、「天神前」バス停下車、徒歩2分。
|戻る|

スパミシュラン やられたっ!

JAL日本航空 先得




 
初入湯年: 2008年
 (最終更新日: 2008年11月)