岩間温泉旅館

山梨県甲州市塩山上萩原1411 Tel:0533-32-2705

《山梨県での宿泊予約は こちら から》
静かな山里にひっそりと建つ一軒宿の温泉。「神部神社」という古式ゆかしい神社の境内にあって、およそ旅館のようには見えない。まるで民家のような佇いだ..

小さな浴室は適度に鄙びており、そこにレトロな丸タイル張りの浴槽が2つ。大きい方が温浴槽で、小さいほうが水風呂だ。
窓からは花咲く畑が眺められ、桃源郷のような雰囲気である。

湯は無色透明無味無臭で全くクセがない。どうやら循環されているようで、微かに消毒臭が感じられる。

しかし、水風呂のほうは23度の源泉がそのまま掛け流しで使われているようだ。温かい風呂と水風呂を交互に入る気持ち良さは格別である。

脱衣所には、なんと明治41年の鉱泉検査証が掲示されていた。それによると泉温は25度で、弱塩類泉に該当すると記されている。

ところが、玄関に貼ってあった昭和60年の分析表には、「温泉法による温泉には該当しない」という記述が.. 泉温が25度に僅かに届かず、溶存物質も基準に満たないので、現状では残念ながら温泉とは言えないようだ。
ただ、それでも昔からの冷泉として現在でも湧き続けているし、その湧出量はなんと毎分519ℓ! しかも自噴!

1,000mも1,500mも掘って無理やり汲み上げた最近の「天然温泉」よりも、この鉱泉のほうがはるかに効能があることは間違いないであろう。
 泉質
不明 23.2度 湧出量 519ℓ/分
 日帰り入浴情報
10:00〜19:00 無休 500円
 アクセス
中央自動車道勝沼ICから車で約20分。
|戻る|

スパミシュラン 山梨県の温泉

JAL日本航空 先得







明治時代の鉱泉検査証


温泉は神部神社の境内にある

 
初入湯年: 2008年
 (最終更新日: 2008年5月)