川湯温泉 仙人風呂

和歌山県田辺市本宮町川湯
http://www.hongu.jp/senninburo/index.htm


《川湯温泉での宿泊予約は こちら から》
川湯温泉はその名の通り、川原を掘ればいたるところから温泉が湧き出す。普段はスコップを使って自分で掘らなければならないが、冬の間のみ、観光協会が川の一部を堰き止めて巨大な露天風呂を作ってくれる。それが「仙人風呂」だ。

さすがにデカい.. もちろん千人というのは少々オーバーだが、それでも100人以上は余裕で入れるだろう。
混浴なので、昼間は皆、水着で入っている。女性には脱衣所が用意されており、また男性用にも簡単な囲いがあるので、割と平気で着替えることが可能。

湯に浸かってみると、これが見事に適温! 熱すぎずぬるすぎず.. 源泉と川の水が絶妙な湯加減で混ざっていて、これは観光協会の努力の賜物であろう。いい仕事をしている。

湯船の底はそのまま川底なので、小さな石や砂利が一杯あって、歩くと少々痛い。ビーチサンダルを持参すると便利かもしれない..
よく見ると、底から小さな泡がプクプクと出ている。しかもそこら中から.. そう。源泉は川底から自然に湧き出しているのだ。これは凄い!

冬の露天風呂なので浴後は寒いかと思っていたら、どうしてどうして.. 当初、仙人風呂に入ったあとは近くの公衆浴場にすぐ避難する予定だったが、そんな必要は全くなかった。いつまでもホカホカと温かく、やはり天下の名湯はさすがである。
 泉質
単純泉 73度
 日帰り入浴情報
6:30〜22:00 11月から2月のみ開設(期間中無休) 無料
 アクセス
JR紀勢本線新宮駅からバスで約1時間、「川湯温泉」バス停下車。
|戻る|

スパミシュラン 和歌山県の温泉

JAL日本航空 先得








 
初入湯年: 2007年
 (最終更新日: 2009年1月)