天然温泉 ゆの里

和歌山県橋本市神野々898 Tel:0736-33-1126
http://www.angelkun.com/html/yunosatonsen.html


《和歌山県での宿泊予約は こちら から》
紀ノ川の近く、田んぼが広がるのどかな地に建つ日帰り温泉。
ところが、ここの入浴料金は何と1,800円もするのだ。これは高い.. こんなに高ければ、きっと閑古鳥が鳴いているだろうと思って行ってみると、予想に反してロビーは人だらけ。しかも、観光バスで訪れる団体までいて、まさに大盛況であった。

この人気の秘密を探るべく、早速浴場に向かうと.. 浴室は極々普通。ひと昔前のクアハウスのような造りで、小ぢんまりとしたところに様々な浴槽が並んでいる。外には小さな露天風呂もあり、眺めはなかなか良い。

ここでは、「金水」、「銀水」、「銅水」という3つの鉱水が湧いており、そのうち「銀水」が規定の成分を含んだ温泉であるとのこと。
浴場の湯は、この「銀水」と「金水」のブレンドだそうだ。全くの無色透明無味無臭で、特に何の変哲もない。しかも循環・消毒されたこの湯が、人気の秘密とは思えないのだが...

ロビーでは、鉱泉水をミネラルウォーターとして販売している。「月のしずく」というそうだが、ロビーのいたる所にポリタンクが置かれていて、こちらも凄いニーズがあることが判る。私も飲んでみたが、まあ普通のミネラルウォーターであった。ところがこの水、「神秘の水」と言われるほど不思議な効能を持っているとのこと.. そのため、全国にファンがいるそうだ。

残念ながら私は、短時間の滞在では、この温泉の魅力を解明することができなかった。これほど多くの客が来るのだから、きっと何かがあるに違いないのだが..
これで7〜800円程度の値段なら、充分満足と言えるだろうが、やはり1,800円というのは解せない.. 温泉としての本来の評価は星2つなのだが、従業員の対応が素晴らしく良かったので、総合評価として星3つにさせていただく。
 泉質
含二酸化炭素-ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉
 日帰り入浴情報
10:00〜22:00 第2木休 1,800円
 アクセス
南海高野線、JR和歌山線橋本駅から送迎バスで10分弱。
|戻る|

スパミシュラン 和歌山県の温泉

JAL日本航空 先得


 
初入湯年: 2006年
 (最終更新日: 2006年3月)