天然紀州黒潮温泉
和歌山マリーナシティ

和歌山市毛見1525 Tel:0734-48-1126
http://www.marinacity.com/


《マリーナシティ ロイヤルパインズホテルの宿泊予約は こちら から》
和歌山マリーナシティは、和歌の浦にあるリゾートアイランドで、中世の地中海の港町を再現したテーマパーク「ポルトヨーロッパ」、遊園地の「パークパシフィーク」、海産物売場の「黒潮市場」などからなる。そして、その一画に温泉施設もあるのだ。

温泉の建物に近づくと、ドリフの「いい湯だな」がエンドレスで流れている.. 思わず、「おいおい、リゾートアイランドなんでしょ?」と言いたくなってしまった。

ここの「売り」は、何と言っても風呂から海が見えることである。露天風呂はもちろんのこと、内湯からも、大きな窓越しに和歌の浦の海が一望できる。また、「マリーナシティ」の名前通り、浴場のすぐ横が和歌山マリーナになっている。そのため、ヨットハーバーに停泊しているヨットやクルーザーを眺めながらの入浴を楽しむこともできる。

内湯の浴槽は3つ。高温浴、温浴、微温浴に分かれていて、お湯の温度はそれぞれ42度、40度、38度とのこと。サウナもあるのだが、水風呂が無いのは残念である。ちなみにこのサウナ、結構広くてちゃんとしており、何とサウナの中からも海が見える..

湯は黄褐色透明で、単純泉なのにかなり強い塩味が感じられる。どうやら、露天の方が温泉の成分がより濃く残っているようで、逆に内湯では色も塩味もかなり薄くなってしまっている。

難点は子供が多いこと。まあ、テーマパークにある温泉なのだから仕方ないが、少なくとも休日に訪れるのであれば、のんびり入浴を楽しむことは期待しない方がいいだろう。
しかし逆に言えば、家族連れの旅行にはうってつけの場所である。マリーナシティ内には立派なリゾートホテルもあるので、夏休みなどに訪れてみられてはいかがだろうか。
 泉質
単純泉 46.8度
 日帰り入浴情報
11:00〜24:00 無休 800円
 アクセス
JR紀勢本線海南駅からマリーナシティ行きバスで10分少々。
|戻る|

スパミシュラン 和歌山県の温泉

JAL日本航空 先得


 
初入湯年: 2005年
 (最終更新日: 2009年12月)