川湯温泉 河原露天風呂

和歌山県田辺市本宮町川湯

《川湯温泉での宿泊予約は こちら から》
川湯温泉は、大塔川のほとりにある落ち着いた温泉地で、10軒ばかりの宿が並んでいる。

ここの名物は、河原の天然露天風呂である。河原を掘れば、いたるところで温泉が湧き出すと言う..
ただし温泉を掘るには、当然ながらスコップ(と言うよりはシャベル)が必要だ。私はもちろん、そんなものは持っていなかったのだが、「誰かが以前に掘った穴が、そのまま残っているんじゃないか」という甘い考えで訪れてみた。ところが、河原中を見渡してみても、それらしきものは1つもなかった..

代わりに、という訳ではないが、河原にはコンクリートで囲われた湯船があった。ちょうど適温だったので、そこに入ることにする。囲いも何も無いので水着を着ないと恥ずかしいが、開放感は抜群だ。

ちなみに冬期(11月から2月)は、100人以上入ることができる巨大露天、「仙人風呂」が観光協会によって作られる。
 泉質
単純泉 73度
 日帰り入浴情報
24時間 無休 無料(本来は川湯温泉の宿泊客のみ利用可)
 アクセス
JR紀勢本線新宮駅からバスで約1時間、「川湯温泉」バス停下車。
|戻る|

スパミシュラン 和歌山県の温泉

JAL日本航空 先得





対岸から見た露天風呂

 
初入湯年: 1992年
 (最終更新日: 2009年1月)