北品川温泉 天神湯

東京都品川区北品川2-23-9 Tel:03-3471-3562
http://www.tenjinyu.com/


《東京都での宿泊予約は こちら から》
京浜急行の新馬場駅から歩いてすぐ、山手通り沿いにある公衆浴場。

ここは元々、古くからある銭湯で、私も何度か前を通ったことがあったが、それはそれは年季の入った、今にも倒壊しそうな風呂屋だったのを覚えている..
立て替えのため2007年に一旦休業し、2009年9月に堂々完成! ボロボロだった建物は何と、11階建てのワンルームマンションに生まれ変わり、その1階と2階が銭湯になっている。

中は.. とても銭湯とは思えないようなモダンな造りで、浴場も新しくてきれい。特に私が訪れたのはオープン一週間後だったので、まだ新築の匂いがしていた..

浴槽はかなり大きめだ。その一部が仕切られ「熱湯」となっていたが、飛び上がるほどの熱さではなく、まあ東京の普通の銭湯並みの湯温であった。「熱湯」のほうでそれなので、通常の浴槽のほうは極めて適温。このあたりも、いかにも新しい浴場といった感じである。

ドアの外にもう1つ浴槽がある。露天風呂という訳ではないものの、上部に換気窓があって、一応は「外気浴」といった風呂なのだが、こちらの湯は真っ黒け!
今回のリニューアルを機に、地下130mから掘り当てた黒湯で、入ると肌がツルツルする、なかなか上質の湯だ。
この黒湯、東京でも有数の濃さで、透明度は3cmもないほど.. まるで重油のような色合いである。

さてこの黒湯だが、はたして温泉なのかと聞かれると、「?」なのだ.. と言うのも、分析表はどこにもないし、またこの浴場でも「天然温泉」とは一切謳っておらず、あくまでも「黒湯」としか言っていない.. (普通、温泉だったら「温泉!」と自慢げに書きますよね..)
そのため、もしかすると温泉法上の温泉ではなく、「井戸水」という扱いなのかもしれないが、例えそうであったとしても、私はこの湯を立派な温泉と(個人的に)認定したい。

※ その後、2010年に正式な成分分析を行ない、晴れて「天然温泉」と認定された。
 泉質
ナトリウム-炭酸水素塩泉 17.8度 湧出量 180リットル/分
 日帰り入浴情報
15:00〜翌1:00 不定休 銭湯料金
 アクセス
京急新馬場駅から徒歩3分。
|戻る|

スパミシュラン 東京都の温泉

JAL日本航空 先得





ドーンとした立派なマンションだ

 
初入湯年: 2009年
 (最終更新日: 2011年6月)