丸正浴場

東京都世田谷区喜多見4-36-16 Tel:03-3417-6804
http://www.1010.or.jp/cgi/dsearch.cgi?sel=2&tno=12150


《東京都での宿泊予約は こちら から》
世田谷区喜多見の住宅街にある銭湯。全体的に広めの造りで、また浴槽も結構大きいので、ゆったりとくつろぐことができる。

浴槽はジェット風呂と泡風呂の2つに分かれており、共に10mの深さからの地下水が使用されている。しかも薪で焚くというこだわりの湯だ。ただ、私が訪れた時は、どちらもラベンダーの入浴剤が入れられていたので、湯の軟らかさや肌触りの良さを直接感じることはできなかった。

さて肝心の温泉だが、それは浴室の隅にある小さな水風呂にのみ使われている。一人用の本当に小さな浴槽だが、そこに地下95mから汲み上げた鉱水が注がれているのだ。
色は薄い茶褐色。匂いや味はほとんど感じられないが、ツルツルとした浴感がある。泉温は18度ぐらいだろうか。
できることなら、この鉱水を沸かした風呂にも入ってみたいものだが、普通の湯船に入れるほどの湧出量はないそうで、この一人用の水風呂が精一杯のようである。

この鉱水、見ためはどう見ても温泉だが、どうやら正真正銘の天然温泉とは言えないのかもしれない.. 浴槽に掲げられた表示も「天然軟水」という書き方で、メタ珪酸が含まれるものの、温泉法上の規定量には達していないのではないだろうか。
とは言え、私は個人的に、この鉱水を温泉と認定したい。少なくとも、1,000mや1,500mも掘って、かろうじて25度以上の湯が出たというだけの最近の「アルカリ性単純泉」よりは、よほど本物の「鉱泉」と言えるのではないだろうか。
 泉質
不明
 日帰り入浴情報
15:00〜23:00 水休 銭湯料金
 アクセス
小田急喜多見駅から徒歩8分。
|戻る|

スパミシュラン 東京都の温泉

JAL日本航空 先得


 
初入湯年: 2009年
 (最終更新日: 2009年3月)