南平台温泉 観音湯

栃木県那須郡那珂川町小口1719 Tel:0287-92-1126
http://batoh.shokokai-tochigi.or.jp/kigyo/onsen/kannnon.htm


《栃木県での宿泊予約は こちら から》
馬頭町の高台にある日帰り温泉。鬼のように急な坂を車で登っていくと、山の上にいきなり広大な駐車場が現れ、たくさんの車や送迎バスが駐まっている..
そう。ここは決して鄙びた浴場ではなく、一大温泉センターなのだ。大衆演劇の公演も毎日行なわれているので、大勢の老人客がバスでやって来る。

浴場は2ヶ所に分かれている。本館にある大浴場と別棟にある「三種の源泉」の2つで、一々服を着て移動する手間を厭わなければ、両方に入ることが可能。

まずは本館の大浴場から.. かなり広めの浴室で、温泉浴槽の他にサウナと水風呂まで完備されている。しかも、内湯のすぐ外には露天風呂もあって、設備的には申し分なしと言えるだろう。
また高台にあるだけあって、さすがに眺めは素晴らしい。

湯は無色透明無味無臭。完全な循環だが、新鮮な源泉も毎分120リットルは注入しているとのことで、その努力は評価したい。ただし、その割には塩素臭がプール並みに強烈であったが..

次に別棟にある「三種の源泉」へと向かう。果たして「三種の源泉」とは何なのか.. 実は3つの異なる源泉が湧いている浴場のことで、それぞれの湯が内湯と露天風呂に使われているのだ。それは凄い.. 特に露天風呂などは高級旅館のような風情があって、これはかなり秀逸である。
ただし、こちらも湯の質はイマイチだ。せっかくの3つの源泉なのに、どれも塩素臭がかなりエグい..
 泉質
単純泉 42.7度、43.9度、48.5度
ナトリウム-塩化物泉 53.7度
 日帰り入浴情報
10:00〜21:00 第3水休 1,000円(平日は700円)
 アクセス
JR東北本線氏家駅からタクシーで約30分。
|戻る|

スパミシュラン 栃木県の温泉

JAL日本航空 先得




 
初入湯年: 2006年
 (最終更新日: 2006年11月)