鬼怒川温泉
鬼怒川公園岩風呂

栃木県日光市藤原19 Tel:0288-76-2683
http://www.kinugawa-kawaji.com/play_buy/index.html


《鬼怒川温泉での宿泊予約は こちら から》
鬼怒川公園の脇にある公営温泉。ここは鬼怒川温泉で唯1つの外湯である。これほど大きな温泉地なのに、他に共同浴場が無いというのはちょっと信じられないが。

「岩風呂」という名称なので、露天風呂だけがひっそりとあるのかと思っていたら、どうしてどうして.. かなり大きな施設で、立派な内湯もちゃんとあった。
内湯の岩風呂は10人以上が余裕で入れる広さで、他に木風呂もある。そして、外にはきれいな庭があり、その中には露天の岩風呂が.. 露天は公園の林に囲まれており、落ちついた雰囲気が素晴らしい。

湯は無色透明無味無臭。全くクセはなく、「これが温泉なの?」という感じだ。2つの源泉の混合泉だが、湯量が少ないのか、残念ながら循環、塩素消毒、加温.. そして加水まで行なっているとのこと。

はっきり言って、湯の質は貧弱である。名門温泉地に唯一ある共同浴場の湯がこれではねぇ..
かつて、鬼怒川は「負け組温泉」の代表のように言われていた。土曜の夕方に鬼怒川温泉駅に降りたっても、人の気配がほとんど無い.. これは、想像以上に悲惨な状況である。団体客頼りの旧体質から抜け出せず、さらに足利銀行が破綻したこと も要因だが、いくら再生機構がテコ入れしても、肝心の湯がこれでは、再生の道は 険しいのでは..と、心配してしまう。これだけのネームバリューと利便性を兼ね備えた温泉地なのだから、どこかの温泉のように「泉質主義」を打ち出して変えてみたらいかがだろうか。

ここの浴場自体、設備的にはかなり秀逸である。この料金でシャンプー、ボディシャンプーも完備されており、これで掛け流しだったら、私は間違いなく星5つを付けていたと思う。
 泉質
単純泉 44.0度
 日帰り入浴情報
10:00〜21:00 火休 500円
 アクセス
東武鬼怒川公園駅から徒歩5分。
|戻る|

スパミシュラン 栃木県の温泉

JAL日本航空 先得




 
初入湯年: 2005年
 (最終更新日: 2005年9月)