塩原温泉郷
奥塩原新湯温泉 寺の湯

栃木県那須塩原市湯本塩原
http://www4.ocn.ne.jp/~siobara/arayu/onsen/index.html


《塩原温泉郷での宿泊予約は こちら から》
新湯温泉の温泉街(と言っても、街というほどの規模ではないが..)の中央にある外湯。
新湯に3ヶ所ある共同浴場の中で、ここだけが混浴である。建物の入口は1つ。しかし脱衣所は左右に分かれて2つあり、浴室への扉も2つ。そして浴室は1つである。
ただ、脱衣所が右と左に分かれていても、お互い丸見えだし、そもそもどちらが男でどちらが女か何も書いてないので、まあ、よほどでない限り女性は来ないだろう。私が訪れた時も、もちろん女性はゼロであった。

浴室はすべて木造りである。湯船はもちろん、床も壁も天井も全て木。しかも良い感じに鄙びていて、これは本当に素晴らしい!
新湯で一番人気の共同浴場「むじなの湯」では、あまりの人の多さに閉口したが、こちらはひっそりとしており、ゆっくり入浴を楽しむことができた。

浴槽は2つあり、1つは白濁の湯、そしてもう1つは無色透明の湯である。共に硫黄の香り漂う上質の湯で、酸味が強い。

「むじなの湯」と比べると適温で、いつまででも入っていられるのが有難い。新湯の3軒の外湯の中では、ここが私の一番のお気に入りである。
 泉質
含酸性硫黄-アルミニウム-硫酸塩泉 74.3度
 日帰り入浴情報
7:00〜18:00(冬期は8:00〜17:00) 無休 300円
 アクセス
JR東北新幹線那須塩原駅から車で約1時間。
|戻る|

スパミシュラン 栃木県の温泉

JAL日本航空 先得


 
初入湯年: 2004年
 (最終更新日: 2004年10月)