湯河原温泉
ニューウェルシティ湯河原
いずみの湯

静岡県熱海市泉107 Tel:0465-63-3721
http://www.welcity-yugawara.co.jp/

《静岡県での宿泊予約は こちら から》
神奈川の名湯、湯河原温泉にあるホテル。

ここは元々、厚生年金の宿泊施設だったのだが、閉鎖後、民間に売却されて、現在ではあの「万葉倶楽部」の系列となっている。
日帰り入浴も広く受け付けているということで、訪れてみた。

さすがに元厚生年金の宿だけあって、大きな施設だ。
宿の風呂として館内にも大浴場があるのだが、それとは別に「いずみの湯」という浴場棟があり、日帰りの場合はこちらの利用のみとなる。もちろん宿泊客はどちらの風呂も利用可能だ。

いかにも新しそうな浴場は、きれいでピカピカ。特に露天風呂は秀逸で、広さも充分すぎるぐらい..

湯は無色透明無味無臭。内湯や大きな岩風呂は循環だが、露天にある八角形の石風呂だけは嬉しいことに源泉掛け流し! チョロチョロではあるが、60度の源泉が注がれ、そのまま溢れ出していく。
消毒臭も全く気にならず、これは素晴らしい!

名湯と謳われた湯河原でも、掛け流しの湯は少なくなっていると聞く。一般人が気軽に立ち寄れる唯一の共同浴場「こごめの湯」でも、残念ながらバリ循(バリバリの循環・消毒)である。
そんな中にあって、この施設の意義は大きい。「本当の」湯河原温泉の湯に浸かりたければ、私はこの「ニューウェルシティ湯河原」をお奨めする。

ちなみに、どうでもいい話だが、この宿がある場所は神奈川県ではなく静岡県なのだ。湯河原温泉と言えば、神奈川の温泉として有名であるが、このホテルの付近だけは静岡県に属しているとのこと.. そう言えば、バスを下りて小さな橋を渡ったが、あの橋が県境だったようだ。
静岡県側には5軒の宿があり、神奈川側の湯河原温泉と区別するために、「伊豆湯河原温泉」という名称もあるらしい。
 
 泉質

ナトリウム・カルシウム-塩化物・硫酸塩泉 60.1度

 
 日帰り入浴情報

11:00〜翌朝9:00 無休 1,080円

 
 アクセス

JR東海道本線湯河原駅から送迎バスで約7分。
路線バスだと、湯河原駅から不動滝・奥湯河原行きバスで約10分、「理想郷」バス停下車すぐ。

 
|戻る|

スパミシュラン 静岡県の温泉

宿・ホテル予約ならじゃらんnet







源泉掛け流しの石風呂

 
  初入湯年: 2014年
  (最終更新日: 2014年10月)