湯ヶ島温泉 世古の大湯

静岡県伊豆市天城湯ヶ島

《天城湯ヶ島温泉郷での宿泊予約は こちら から》
湯ヶ島温泉のバス停で下車すると、その脇に、川底へと下りていく細い階段がある。転んでしまいそうなほど急な階段だが、その先の渓流沿いに、粗末な湯小屋がひっそりと建っている。これが中伊豆を代表する(?)秘湯中の秘湯、「世古の大湯」である。

ここは地区で管理されている無人の共同浴場だが、入口に置かれている料金箱に100円を入れれば、外来者の入浴も可能。普通なら、どう見ても「地元民以外お断り」といった感じの佇まいなので、誰にでも門戸を開いているというのは非常に嬉しい!

中に入ると、一応ちゃんとした脱衣所があり、浴室はその奥にある。年季の入った外観からイメージするよりは、はるかに明るくてきれいな浴室だ。タイル張りの小さな浴槽が2つ並んでおり、一方は熱め、そしてもう一方はぬるめになっている。

湯は無色透明無味無臭で、ほとんどクセがない。ここでは常に湯が注がれている訳ではなく、一定間隔で時々お湯が出てくる。そのため浴槽の湯も、その時は一瞬熱くなるが、しばらく時間が経つとだんだんぬるくなっていく..
私が訪れた時は、熱めの方の湯船でも少しぬるめになっていた。その分、長湯を楽しむことができた。

もちろん純然たる源泉掛け流しで、加温も加水も一切行なわれていない。少々ぬるくても、100%天然の源泉に浸れる幸せを存分に満喫することができる。

温泉街とは結構離れた場所にあるので、秘湯感も一際である。また、浴場の周りには鬱蒼と木々が生い茂り、窓のすぐ外には渓流が流れている。入浴中も川音が常に聞こえ、雰囲気も満点だ。

湯ヶ島温泉の共同浴場というと、温泉街の中にある「河鹿の湯」が有名だが、温泉ファンであれば、この「世古の大湯」も絶対に外すことはできないだろう.. かなりお奨めの一湯である。
 泉質
カルシウム・ナトリウム-硫酸塩泉 50.6度
 日帰り入浴情報
7:00〜21:00(ただし9:00〜11:00は清掃) 無休 100円
 アクセス
伊豆箱根鉄道駿豆線修善寺駅から湯ヶ島温泉行きバスで約40分、終点下車すぐ。
|戻る|

スパミシュラン 静岡県の温泉

JAL日本航空 先得









川の対岸から見た浴場


このロケーションを見よ

 
初入湯年: 2005年
 (最終更新日: 2005年12月)