伊豆山温泉 中田屋

静岡県熱海市伊豆山599 Tel:0557-80-5111
http://www.nakadaya.net/


《中田屋の宿泊予約は こちら から》
伊豆山温泉は、熱海のすぐ近くにありながら、熱海の喧騒が嘘のように、ひっそりと落ち着いた温泉地である。そしてここには114本もの源泉があり、すべての宿が各々源泉を持つという、非常に恵まれた環境にある。

なかでも中田屋の持つ源泉は凄い。「走り湯」と呼ばれる源泉は、奈良時代から続く日本三大古泉の一つで、洞窟の中で湧き出した温泉が走るように流れて海に注がれることから、その名が付いたという。

この「走り湯」、自由に見学することができる。洞窟の中は、白い湯煙がモウモウとしていて、まるで蒸し風呂のような暑さだ。その奥ではゴボゴボと湯が湧き出し、その湯が樋を通って流れ出ていく様は圧巻である。

中田屋では、この「走り湯源泉」をそのまま使った湯に入ることができる。これは嬉しい!

浴場は1階。せっかく海辺にあるのに、前が道路なので、浴室から海が全く見えないのは少々残念。内湯だけのごくノーマルな浴場で、特にこれと言って特徴はない。

ただし、さすがに温泉は素晴らしい。見た目は無色透明の普通の湯だが、舐めてみると強烈な塩辛さと苦味が襲ってくる.. ここの源泉は、ナトリウムもさることながら、カルシウムの含有量が異常に多く、なんと2,831mg/kg! そのため、まさに天然の「にがり」のような、極めて濃厚な湯なのである。

湯船には、62度の走り湯源泉がそのまま注がれている。手で触れないほどの熱さなので、適温になるまで水を入れて調節するようだ。浴槽の底から一部吸水しているものの、どうやら循環ではなく、純然たる源泉掛け流しのようだ。

あんなに凄い走り湯の源泉を、この宿だけで使っているというのは、何とも贅沢な話である。

なお、宿泊すると、海が一望できる貸切露天風呂が利用可能とのこと。次はぜひ泊まりで訪れたい。
 泉質
カルシウム・ナトリウム-塩化物泉 62.1度
 日帰り入浴情報
13:00〜17:00 無休 1,200円
 アクセス
JR東海道本線熱海駅からバスで4〜5分、「逢初橋」バス停で下車、徒歩5分。(海岸へ向かう鬼のような急坂を下る)
|戻る|

スパミシュラン 静岡県の温泉

JAL日本航空 先得







玄関脇にある足湯


「走り湯」の入口


これが「走り湯」の洞窟だ

 
初入湯年: 2005年
 (最終更新日: 2009年3月)