伊豆長岡温泉
長岡南大衆浴場

現在は建て直された「長岡南浴場」として営業中

静岡県田方郡伊豆長岡町長岡

《伊豆長岡温泉での宿泊予約は こちら から》
伊豆長岡温泉は、「長岡温泉」と「古奈温泉」の2つの温泉場から成っており、本来は泉源も別々であるが、現在では両方の源泉を混合させて配湯している。この「南大衆浴場」は、長岡地区にある共同浴場である。

看板が出ていなければ、浴場とは判らないような建物で、中も相当年季が入っている。浴場はタイル造りで、中央に楕円形の湯船がある。いたるところのタイルが剥がれていて、おもいっきり鄙びている。

湯は無色透明無味無臭。ちょっと熱めで、よく温まる。

私が訪れたのは2003年9月であったが、まもなく休業してしまうかもしれないとのこと。なんでも建物の老朽化が激しく、地震が起きれば崩れてしまうので、建て直しが必要らしい。ところが地元民の組合が細々と運営している浴場なので、とても建て直す予算がない.. 現在、町営の浴場として存続できるよう運動を進めているそうだが、どうなるのだろうか..

歴史ある温泉には、外湯は、なくてはならないものである。明治時代から続く「南大衆浴場」が、今後も残ることを願っている。

※ その後、長岡南大衆浴場は建て直され、現在では新築の「長岡南浴場」として営業を続けている。
 泉質
単純泉 59.8度、62.1度
 日帰り入浴情報
14:00〜21:00 不定休 200円
 アクセス
伊豆箱根鉄道伊豆長岡駅からバスで約10分、「長岡温泉駅」バス停下車すぐ。
|戻る|

スパミシュラン 静岡県の温泉

JAL日本航空 先得





この看板が唯一の目印

 
初入湯年: 2003年
 (最終更新日: 2003年9月)