湯パーク ラヂウム温泉

埼玉県川口市朝日1-7-18 Tel:0482-26-2641

《埼玉県での宿泊予約は こちら から》
川口市の外れ、国道122号線沿いにある公衆浴場。いわゆるスーパー銭湯ほどの規模ではないが、普通の銭湯よりは大きめだ。

浴場はきれいで快適。浴室全体が広々としているので、ゆったり入浴を楽しむことができる。
露天風呂もある。3人も入れば一杯になるほどの小さな湯船だが、私が訪れた時は、何と6人のおやぢがひしめき合っていた.. 消毒臭は強烈ながら、それでもやはりこの露天が一番人気のようだ。

湯は無色透明無味無臭。全くクセがなく、温泉かどうかを判定するのは誰にもできないであろう。
だからなのか、フロントの上には「内湯・露天とも当銭湯で使用している水は鉱泉です」とわざわざ書いてあった。

また脱衣所には、「当温泉由来記」という貼紙もある。曰く、
「当浴場の先代が豆腐屋を営もうと思い、昭和4年に井戸を掘ったが、出てきた井戸水では豆腐が固まらなかった。試しに病人を入湯させたところ、たちまち元気になったので、内務省衛生試験所よりラヂウムエマナチオン含有の検定を受け、ラヂウム温泉浴場を創設した」、とのことである。
胃腸病や神経痛、皮膚疾患などに効能があり、特に高血圧病後の回復期および長期疾患への特効は著名である、とも書かれていた。

この「湯パーク」から歩いて数分圏内には、老舗の「ビューティープラザ オークラ」や新しくできた「やまとの湯」があり、いわゆる浴場激戦区だ。
特に「オークラ」は設備的に優れた健康ランドでありながら、入浴料500円という驚きのプライシングなので、ここ「湯パーク」もかなり客を取られているかな..と思ったら、どうしてどうして.. 2時半の開店と同時に多くの客が訪れ、非常に盛況であった。昔からの根強いファンがたくさん付いていると見た。
 泉質
不明
 日帰り入浴情報
14:30〜23:30 木休(月末は木金連休) 銭湯料金
 アクセス
埼玉高速鉄道南鳩ヶ谷駅から徒歩10分。
|戻る|

スパミシュラン 埼玉県の温泉

JAL日本航空 先得




 
初入湯年: 2009年
 (最終更新日: 2009年10月)