千鹿谷鉱泉

埼玉県秩父市吉田上吉田2148 Tel:0494-78-0243

《埼玉県での宿泊予約は こちら から》
人家の全くない渓谷沿いの山道を登っていくと、山の中に千鹿谷鉱泉の建物がひっそりと現れる.. まさに、私のイメージしていた「鄙びた鉱泉宿」そのものである。

玄関を入ると床に紙が置いてあり、「只今留守にしております。御入浴できますので御利用ください。」とのこと... 一応声もかけてみたが、誰も出てこないので、そのまま入って入浴させてもらうことにする。

小さな宿だが、浴室はちゃんと男女別に分かれている。浴室のドアを開けると.. 思わず笑ってしまった。どう見ても、普通の家の風呂そのものなのだ。しかも、一人用(どんなに詰め込んでも2人が限界)のタイル浴槽には、フタが被せてある。まるで他人の家に勝手に上がりこんで、風呂に入っているようだ...

浴槽には、パイプから無色透明無味無臭の湯が常に注がれている。しかし、加温の上に湧出量が極めて少ないので、掛け流しではないと思うのだが、それでも湯に浸かった分だけはちゃんとオーバーフローするし、また消毒臭も全くしない。しかも、冷たい源泉をそのまま湯船に注ぐこともできるので、気分的には掛け流しそのものである。

浴感はツルツル。こんなに小さな浴槽なので、湯の新鮮さは充分保たれているのだろう。特に、冷たい源泉を手ですくって体にかけてみると、まるでサンオイルを塗ったようなヌルヌル感が.. いやぁ、さすがに昔からの鉱泉だけあって、泉質は抜群に素晴らしい。

鉱泉のことを「沸かし湯」と言って、一段低く見る人もいるが、私は全面的に鉱泉を支持する。特にここ千鹿谷鉱泉のように、自然湧出した貴重な鉱水を大事に大事に使っている鉱泉宿には、最高の評価を付けさせていただきたい。

帰り際、もう一度声をかけたが、まだ誰もいない様子.. 玄関に入浴料を置いて帰ることにした。それにしてものどかなものである。
 泉質
泉質不明 13.4度 ph9.2 湧出量6ℓ/分
 日帰り入浴情報
時間は電話で要確認 600円
 アクセス
秩父鉄道皆野駅から吉田元気村行きバスで約30分、「万福寺」バス停下車、徒歩10分。
|戻る|

スパミシュラン 埼玉県の温泉

JAL日本航空 先得







日帰り客だけかと思ったら..


宿泊客も勝手に入るらしい..

 
初入湯年: 2006年
 (最終更新日: 2006年1月)