坂戸天然温泉 ふるさとの湯

埼玉県坂戸市粟生田39 Tel:0492-84-4126

《埼玉県での宿泊予約は こちら から》
ここは、高麗川のほとり(と言うか、ほとんど河川敷)にあるスーパー銭湯で、2004年4月にオープンしたばかりの新しい施設である。玄関脇には、地元で取れた野菜や卵の販売コーナーがあり、都会のスーパー銭湯には無い「ふるさと感」が出ている。

浴室は2階にあり、内湯と露天の構成になっている。内湯には各種浴槽が並び、露天には大小2つの湯船と壷湯がある。特に露天からの見晴らしは良く、秩父連峰の山々を遠くに仰ぎ、間近には高麗川の流れを見下ろすことができる。
他に、サウナと塩サウナもあるが、これらは両方ともあまり大きくはなく、常に混みあっている。

湯は黄褐色透明の食塩泉で、弱い塩味とゴムのような匂いが感じられる。湧出量150ℓ/分であるものの、内湯、露天とも全ての浴槽に温泉が使用されている。もちろん循環だが、塩素臭がほとんどしないので、気持ち良く入浴できるのが嬉しい。

ここでは、「循環していること」や「一部源泉も掛け流しており、その量は1日1万ℓであること」、「浴槽や濾過器の清掃状況」、「消毒用塩素の濃度」について、 温泉法改訂以前からちゃんと掲示しているのだ。これは大変素晴らしい。
このように、ちゃんと知らせてもらえれば、入る方も安心して入浴を楽しむことができる。世の多くのスーパー銭湯にも、ぜひ見習ってほしいものである。

1階は食堂や大広間になっており、麺類などの軽食だけでなく、刺身定食や天ぷら定食といった食事も取ることができる。ちなみに私は、「坂戸ふるさと定食(750円)」を食した。ごくごく普通の定食で、どのあたりが「ふるさと」なのかは判らなかったが..

全体的には、非常にすばらしい施設と言えるだろう。全ての浴槽に手すりは完備されているし、館内は全て禁煙だし(喫煙所は屋外)、従業員の愛想は良いし..
これで、31度の源泉をそのまま使った源泉風呂があれば、全く言う事なしなのだが、それでもスーパー銭湯としてはかなり秀逸であると言えるだろう。
 泉質
ナトリウム-塩化物泉 31.3度 湧出量 150ℓ/分
 日帰り入浴情報
9:00〜23:00(土日祝は8:00〜) 無休 700円(平日は600円)
 アクセス
東武東上線坂戸駅から市内循環バスで約7分、「三光町」バス停下車、徒歩3分。あるいは、大橋行きのバスに乗り「幸町」で降りても同じくらいの距離である。共に本数が少ないので注意が必要だ。
|戻る|

スパミシュラン 埼玉県の温泉

JAL日本航空 先得





これが「坂戸ふるさと定食」だ

 
初入湯年: 2005年
 (最終更新日: 2005年2月)