箕面温泉 スパーガーデン
現在は「大江戸温泉物語 スパーガーデン
として営業中

大阪府箕面市温泉町1-1 Tel:0727-23-2325
http://www.minoo-onsen.co.jp/


《大阪府での宿泊予約は こちら から》
箕面駅から土産物屋やもみじのてんぷら屋が並ぶ道を歩くこと3分。スパーガーデンは山の上にあるので、ここからエレベーターに乗って、一気に山上まで上がる。しかし納得できないのは、このエレベーターに乗るのに100円取られるのである。どこの世界に、ホテルや温泉のエレベーターで有料のところがあるというのか..

山上までは10数秒。さすがに眺めは良い。

ここは箕面観光ホテルを中心に、プールやボーリング場、スケート場などを有する、山上の巨大レジャーランドである。その中の温泉施設がスパーガーデンであり、大浴場の他、舞台付き大食堂、ゲームコーナーなどから成る典型的なヘルスセンターである。

大浴場は広い。100人近くが一度に入れるほどで、含食塩重曹泉とホウ酸泉を混合した巨大浴槽と、ラジウム泉の小さな浴槽がある。

まず巨大浴槽に入ってみる。入った瞬間、肌がツルツルするのが判る。重曹がかなり多く含まれているのだろう。無色透明で、若干の塩味を感じる。
湧出量は一日に550〜600トンとのこと。ということは、毎分に換算すると約400リットルというところか。決して少ない量ではないが、これだけの巨大浴槽が男女別にあって、さらに温泉プールもあるので、やはり足りないだろうな...

ラジウム泉の方は、階段の下にひっそりとあり、当然ながら無色透明無味無臭。他にサウナと湿式サウナ、水風呂もあるが、サウナは残念ながら極狭である。

入浴料金は1,300円。ただしエレベーター代が100円なので、計1,400円である。ここに来る人達の多くは、一日ゆっくり楽しんでいくようなので、まあ決して高い値段ではない。

しかし、それにしても、ここはセコい!  そのセコさを列挙してみると...

1) 脱衣場のロッカーが有料。今どき、スーパー銭湯でもコイン返還式が当たり前なのに..

2) 何とドライヤーも有料。しかも50円! 通常、銭湯でも20円が相場である。ましてや1,400円の入浴料でドライヤーを無料にしないなんて、論外である。

3) 浴室にはシャンプーも備え付けられていない。

4) もちろんタオルも無い。

5) そして、例のエレベーター..

いやぁ〜、本当にセコい。日本で最も経済感覚が鋭いと思われる大阪人。彼らがこのセコさを許容しているのだろうか..? とてもそうは思えないのだが..
こんなことをしていると、いずれ誰も客が来なくなって、つぶれてしまうのは目に見えているのに..

泉質が異なる3種の源泉、そして飲泉も可能と、温泉としてはまあ合格であるが、あまりのセコさに星2つとさせていただく。

【2013年11月に追記】

やはりと言うべきか、2012年、この箕面温泉スパーガーデンを経営する会社が見事に倒産してしまった。その後、施設は閉鎖されたが、全国で温泉事業を展開する「大江戸温泉物語」が再建者となり、2013年10月に「大江戸温泉物語 スパーガーデン」としてリニューアルオープンされたとのこと。
「大江戸温泉物語」がプロデュースするのであれば、まさか以前のようなバカな経営はしないはずだが、一度、ぜひ再訪して確認したいと思っている。
 泉質
含食塩重曹泉 37.4度、ホウ酸泉 41.8度、放射能泉 33.7度
 日帰り入浴情報
10:00〜22:00 無休 1,300円
 アクセス
阪急箕面駅から徒歩3分。
|戻る|

スパミシュラン 大阪府の温泉

JAL日本航空 先得





悪名高き有料エレベーター

 
初入湯年: 1990年
 (最終更新日: 2013年11月)