文楽温泉すこやか
(廃業)

大阪市中央区高津2-4-11 Tel:06-6211-3003

《大阪府での宿泊予約は こちら から》
国立文楽劇場のすぐ裏にある温泉。私が初めて訪れたのは1997年。当時はまだ「ヘルスファーム」という名前で、女性向けの雑誌に「エステが充実している温泉」として紹介されているのを見て存在を知ったのだ。

外観や受付の雰囲気も、風呂屋というよりはエステサロンのようであり、「ここはもしかして女性専用?」と思ってしまったほど.. でも、浴室に入ってホッとした。そこは、まぎれもない「おやぢサウナ」そのものであった。

浴室はそんなに広くはないが、浴槽はそこそこ大きく、一応、小さいながら露天風呂もある。食塩泉ではあるが、塩辛さはほとんど感じない。微黄色透明で、湧出量は毎分159ℓとのこと。

確かに、フェイスマッサージやボディ・トリートメント、脱毛、ネイルケア、アロマテラピーといった女性向けエステのメニューが豊富であった。

入浴料2,200円というのは、ちょっと高いように思える。ただ、ここの温泉は18歳未満入場禁止なので、たいへん落ち着いて入浴することができるのが嬉しい。

この温泉、「ヘルスファーム」という名称がその後「スパやすらぎ」に変わり、更に現在では「文楽温泉すこやか」に変わっている、玄関周りが和風に改装されているが、中は以前と全く変わっていない。浴室もそのままである。
 泉質
ナトリウム-塩化物泉 44.6度 湧出量 159ℓ/分
 日帰り入浴情報
12:00〜翌3:00 無休 2,200円
 アクセス
地下鉄堺筋線・千日前線日本橋駅から徒歩5分。
|戻る|

スパミシュラン 大阪府の温泉

JAL日本航空 先得







「スパやすらぎ」時代の外観

 
初入湯年: 1997年
 (最終更新日: 2004年9月)