奥津温泉 せんたく場

岡山県苫田郡鏡野町奥津

《奥津温泉での宿泊予約は こちら から》
奥津温泉街の中心、奥津川の河原にある共同浴場。「せんたく場」の名前通り、本来ここは地元の人が温泉を使って洗濯するための場所なのだ。ただし、朝9時から夕方4時までの間のみ、入浴することも許されている。

コンクリ造りの粗末な建物で、入口の扉は開けっ放しになっており、閉まらないように石で押さえてある。これは「開けたまま入れ」ということなのだと理解し、そのまま入ることにした。

浴槽は3つに分かれていて、入口に近いほうから順に「洗濯湯」、「下湯」、「上湯」となっている。「洗濯湯」は洗濯専用なので、当然ながら入浴することはできない。壁には「必ず下湯から入ること」という注意書きが貼ってあったので、指示通り下湯から入らせてもらう。(なぜ下湯からなのかは不明..)
下湯の湯温はぬるめ。逆に上湯のほうは適温であった。共に、無色透明無味無臭のきれいな湯が張られている。

浴槽はタイル張りだが、底はコンクリが剥き出しで、お尻にあたるザラザラ感が気持ち良い.. 地元の人が洗濯に来ないかとヒヤヒヤしながらの入浴であったが、素朴な湯に浸れた喜びは大きい。
 泉質
単純泉
 日帰り入浴情報
9:00〜16:00 無休 無料
 アクセス
中国自動車道院庄ICから車で30分弱。
|戻る|

スパミシュラン 岡山県の温泉

JAL日本航空 先得







この2つが入浴可能な浴槽だ

 
初入湯年: 2006年
 (最終更新日: 2009年9月)