長湯温泉 ラムネ温泉館

大分県竹田市直入町大字長湯7676-2 Tel:0974-75-2620
http://www.lamune-onsen.co.jp/

《長湯温泉での宿泊予約は こちら から》
長湯温泉にある老舗宿「大丸旅館」が経営する外湯。およそ共同浴場らしからぬ、奇抜な外観の建物だ。

「ラムネ温泉」という名前の通り、ここの売りは高濃度の炭酸泉である。それも、ちょっとやそっとの濃さではなく、日本でも有数のアワアワ温泉なのだ。

その炭酸泉は露天風呂にあった。かなり大きな湯船で、そこに32度のぬるい源泉が注がれている。
温度が低いから、余計に炭酸が逃げないのだろう。ちょっと湯に浸かるだけで、体に無数の泡がまとわり付く。その泡付き具合は、スーパー銭湯などの人工炭酸泉の比ではない。これが自然現象なのだから、本当に大したものである..

湯温が低いので、長く入っているとだんだん体が冷えてくる。そうすると次は内湯に入る。内湯は41度の源泉が掛け流されており、まさに適温。
こちらは緑っぽく濁った湯で、泡は付かないものの、炭酸の味と金気臭は強く感じられる。

内湯と露天を繰り返し繰り返し入るのがお奨めだが、常連たちは1時間ぐらいずっと露天のラムネ湯に浸かっているらしい..
なお、冬は寒すぎるので、露天風呂の周りにビニールの壁と屋根が設えられるとのこと。
 
 泉質

含二酸化炭素-マグネシウム・ナトリウム・カルシウム-炭酸水素塩泉 32.3度 (露天風呂)
マグネシウム・ナトリウム・カルシウム-炭酸水素塩泉 41.2度 (内湯)

 
 日帰り入浴情報

6:00〜7:00、10:00〜22:00 第1水休(1月と5月は第2水休) 500円

 
 アクセス

JR豊肥本線豊後竹田駅から長湯温泉行きバスで約40分、終点下車。

 
|戻る|

スパミシュラン 大分県の温泉

JAL日本航空 先得




 
  初入湯年: 2010年
  (最終更新日: 2010年5月)