寒の地獄温泉

大分県郡玖珠郡九重町飯田高原 Tel:09737-9-2124
http://www.kannojigoku.jp/


《寒の地獄旅館の宿泊予約は こちら から》
やまなみハイウェイで長者原を越えてすぐの所にある温泉旅館。

ここの名物は、何と言っても14度の冷泉にそのまま入る混浴風呂である。水着持参で訪れたのだが、冷泉風呂の利用は夏のみ(7月〜9月)とのことで、仕方なく男女別の普通の風呂に入った。
こちらは新しく作られた建物のようで、浴室もこざっぱりとしていてきれいである。大きな浴槽と小さな浴槽の2つがあり、小さい方が冷泉である。小さいながらも冷泉があって良かった..

木造りの湯船の底には石が張られており、無色透明の硫黄泉が惜しげもなく注がれている。そして湯船からはザバザバと溢れ出しており、まさに極楽である。ここの湧出量は毎分2,000ℓ以上もあり、もちろん自然湧出!

暖かい風呂で充分に温まったあと、いざ冷泉に.. 浴槽に体を沈めると、白い細かな湯の花がフワ〜っと舞い上がる。15秒ぐらいで手や足が痛くなってきて、30秒も経たないうちにギブアップしてしまった。そのあとすぐに熱い風呂に飛び込むと、体がジンジンと痺れるように感じられ、これは病みつきになりそうだ。

冷泉の浴槽には「ちょっとぬるい冷泉」と書いてあった。ということは、14度の源泉そのままではなく、少し加熱しているのだろうか..

帰り際、混浴の冷泉風呂も覗き、写真だけ撮らせてもらった。昔ながらの浴室で、冷泉は底の石によって緑色に見え、神秘的な雰囲気を醸し出していた。今度は夏に泊まりで訪れて、ぜひ本物の冷泉に入ってみたい。
 泉質
単純硫化水素泉 14.0度 湧出量 2,160ℓ/分
 日帰り入浴情報
9:00〜17:00(休日の前日は15:00まで) 無休 500円
 アクセス
大分自動車道九重ICから車で約30分。
|戻る|

スパミシュラン 大分県の温泉

JAL日本航空 先得





右が温泉、左が冷泉


従来からの冷泉風呂

 
初入湯年: 2004年
 (最終更新日: 2009年4月)