神丘温泉 神丘の湯(閉館)

大分県別府市小倉4-2 Tel:0977-21-2425

《別府温泉郷での宿泊予約は こちら から》
「坊主地獄」の近くにある療養泉。右の写真の通り、廃墟としか思えないような外観だが、これでも営業中の商店である。雑貨店というのか、よろず屋というのか、そんな類の店だが、この中に何と温泉があるのだ。

単純泉の浴場と鉱泥泉の浴場の2種類があり、単純泉だけなら50円、鉱泥泉も入るなら250円となる。ただ、せっかくここまで来たなら、是非とも鉱泥泉に入るべきであろう。
入浴の順番としては、まず単純泉に入り、次に鉱泥泉、そして最後にもう一度単純泉..というのが、効果的だとのこと。

まずは単純泉に入ってみる。無色透明無味無臭で、ちょっと熱めだが、入りやすい良い湯である。もちろん純然たる掛け流しで、湯はザバザバと湯船から溢れ出している。

しばらく温まったあと、いよいよ鉱泥泉へ..
鉱泥泉の浴場は混浴だが、私以外には誰もいなかった。浴室内は、良く言えば鄙びている。悪く言えば、汚い.. ただし、不潔という意味ではない。ボロボロで崩れかかっているのだ。ちょっと大きな地震がくれば、ひとたまりもないだろう..

浴室の隅に正方形の小さな湯船があり、これが鉱泥泉である。コーヒー牛乳をもう少し白っぽくしたような色の泥湯で、恐る恐る入ってみると、意外にサラサラとしていて肌触りが良い。湯船の真ん中あたりからブクブクと泥が湧き上がっており、まるで近くの「坊主地獄」のようである。
泥湯から上がると、肌に付いた泥がみるみる乾いてくるのだが、体の悪い部分は乾くのが遅いらしい。

この外観なので、一般の人はちょっと入らないだろうが、温泉通にとっては、まさに掘り出し物である。数ある別府の秘湯も、ここに極まった感だ..
 泉質
鉄含鉱泥泉、単純泉
 日帰り入浴情報
7:00〜21:00 無休 50円(鉱泥泉は250円)
 アクセス
JR日豊本線別府駅から竹の内経由鉄輪行きバスで20分少々、「原爆センター」バス停下車すぐ。
|戻る|

スパミシュラン 大分県の温泉

JAL日本航空 先得





鉱泥泉の浴場


鉱泥は湯船の底から湧いている


単純泉はきれいな湯だ

 
初入湯年: 2001年
 (最終更新日: 2013年5月)