別府温泉 紙屋温泉

大分県別府市千代町8-2

《別府温泉郷での宿泊予約は こちら から》
永石通りから路地を入ったところにある共同浴場。昔は、このあたりが別府の湯治場の中心として栄えていたそうだが、今では観光客の姿はほとんどなく、代わりに地元民で賑わっている。

外観は鉄筋のようで新しそうに見えるが、中はかなり鄙びている。浴場の中心にタイル張りの小さな浴槽があり、無色透明無味無臭の湯が張られている。

私のような外来者は普通、外湯に石鹸を持っていかない。(そもそも体を洗わないから..) ところが、この「紙屋温泉」を訪れた際、先に入っていた地元のおじいさんが、私に石鹸を「ほれっ、使えっ」と言って貸してくれ た.. 別府の共同浴場ではよく経験することだが、この人情がしみじみ有難い...
 泉質
炭酸水素塩泉 56.0度
 日帰り入浴情報
13:00〜23:00 無休 100円
 アクセス
JR日豊本線別府駅から徒歩約10分。
|戻る|

スパミシュラン 大分県の温泉

JAL日本航空 先得


 
初入湯年: 2000年
 (最終更新日: 2003年11月)