雲仙温泉
新湯温泉共同浴場

長崎県雲仙市小浜町雲仙320 Tel:0957-73-3434 (観光協会)
http://www.unzen.org/japanese/higaeri/


《雲仙温泉での宿泊予約は こちら から》
雲仙温泉の中心地、新湯地区にある共同浴場。ぱっと見は何やら民家のような佇まいである。
番台にはちゃんと管理人のおばちゃんがいるのだが、入浴料金(100円)を現金で払うことはできない。近所の商店で入浴券を買わなければならないのだ。これはどう理解すればよいのだろう.. 「地元民以外はなるべく来るな」という無言の意思表示なのか...?

建物は結構鄙びているが、浴室はそこそこ立派である。小さいながらも、風格ある石張りの湯船で、熱い源泉がドバドバと注がれている。もちろん、紛れもない源泉掛け流しで、湯船から溢れ出た湯は豪快に床を流れている。

ここでは源泉をそのままではなく濾過してから湯船に入れているそうで、白濁は薄く、ほとんど無色透明に近い。しかし硫黄臭はしっかり残っており、「マイルドな硫黄泉」といった感じである。浴槽に注がれる湯は、そのまま飲泉も可能。酸味があるものの、飲んで飲めない味ではなかった。

観光客がフラリと外湯めぐりで訪れることは少なく、利用者の多くは地元民のようだ。それだけに、「普段着の雲仙温泉」を体験できる貴重な一湯である。
 泉質
酸性硫化水素泉
 日帰り入浴情報
9:00〜23:00 水休 100円
 アクセス
長崎自動車道諫早ICから車で約1時間。
|戻る|

スパミシュラン 長崎県の温泉

JAL日本航空 先得





近くの「雲仙地獄」

 
初入湯年: 2004年
 (最終更新日: 2009年6月)