京都駅探訪記   《京都府での宿泊予約は こちら から》

 

 
1997年にできた現在の京都駅。明治10年の開業以来、4代目となる駅舎だそうだが、この駅がともかく凄いのだ。

もともと、昔から京都駅は日本でも有数の巨大駅で、確か全国で2番目だか3番目だかに大きな駅であったのだが、その割には以前の駅舎(3代目)が非常にショボく、とても国際観光都市の玄関口とは思えないような貧相さだった。私などは、「これだったら鳥取駅と変わらないな..」と思っていた。(鳥取の皆さん、ごめんなさい。他意はありませんので..)
しかしその後、京都駅は恐ろしく立派な駅舎に生まれ変わった。規模はデカすぎ、デザインは斬新すぎ.. 今では、駅そのものが観光名所にもなっているとのこと。

新しい京都駅ができてからもう15年が経つのだが、実は私、いつも京都では電車を乗り換えるだけで、駅の中をじっくり見て歩くことはなかった.. 今回、たまたま新幹線に乗るまでたっぷり時間があったので、エキナカを探訪してみることにした。
 
 
     

 

   

第一印象は..
「よくまあ、こんなのを作ったものだ..」というのが正直な感想である。

古都京都のイメージで来た観光客は、まず度肝を抜かれるだろう。
よく、「京都らしくない」と言われるが、こういう突拍子もないようなものを造るのが、実は本当の京都らしさなのだと私は思う。

       
まずは烏丸中央口から構内に入る。

京都駅にはJRだけで10ヶ所以上の改札口があるが、やはりここがメインのようだ。

ちなみに「京都駅」という看板はどこにもなく、「京都」とだけ書かれている。
   

       
   

烏丸中央口の様子。

       
上を見上げると、一面のガラス張り。
まるでどこかの国際空港のようである。
   

       
   

ちょっと高台に上がって下を見下ろす。

この巨大な空間は、決して駅全体ではなく、烏丸中央口という1つの改札周辺だけの風景なのだ。この駅がいかにデカいかがお判りいただけるだろう。

       
観光名所にもなっている大階段。

171段もあって、高低差は35m。11階建てビルに相当するそうだ。
毎年、地元テレビ局主催の「JR京都駅ビル大階段駆け上がり大会」が開かれているとのこと。

私は.. もちろんエスカレータで上らせてもらった。
   

       
   

大階段の頂上から下を見下ろす。

       
駅の中にはこのような広場がいくつかある。    

       
   

駅の上を東西に結ぶ空中経路。

地上45mの高さにあるので、まるで吊り橋のようだ。

       
ガラス屋根のすぐ下に伸びているのが空中経路だ。こんなところを歩けるとは..    

       
   

空中経路からの眺め。

京都タワーの下の台(?)よりは高くにあることが判る。

       
ここは西口の改札。

乗降客の数は烏丸中央口より多いかもしれない。
   

       
   

これが有名な0番線ホーム。

0番線のある駅は全国に40ほどあって、別にゼロという数字が珍しい訳ではない。
京都駅の0番線はホームの長さが日本一ということで、鉄ちゃんの間では有名なのだ。
ホームの長さは何と558m! 新幹線22両分の長さだそうなので、はっきり言って無駄に長い..
でも、この0番線に入る列車は、北陸線および中央・高山線の特急のみ。そのため、ホームにはあまり人がいない。

       
もうひとつ有名なのが、この34番線ホーム。
日本で最も大きな数字の番線である。

ただ、写真を見ていただくと判るように、ホームの幅がかなり狭い。実はここ、降車専用のホームなのだ。という訳で、乗り場としては、隣の33番線ホームが最大ということになる。
   

       
   

これは言わずと知れた新幹線のホーム。
ここはもちろんJR東海の管轄である。

       
あと、京都駅には近鉄が乗り入れている。
でもこれは奈良に行く路線なので、いまいちマイナーだ..
   

       
   

地下には市営地下鉄烏丸線の京都駅がある。

       
駅ビル内にある伊勢丹。

売場面積42,000u。伊勢丹の全店舗の中でも、新宿本店に次ぐ2番目の巨大店としてオープンした。(現在ではJR大阪駅にできた新店舗に次いで3番目)

この伊勢丹のおかげで、京都の人たちが買い物のために京都駅に来るようになった。昔なら考えられなかったことである。
   

       
   

ホテルグランヴィア京都。

駅直結というか、駅の真上にある。
535室の大きなホテルだが、雰囲気の良い、落ち着いた感じのホテルだ。

       
【おまけ】

これは我が地元の横浜駅。

日本の大都市の駅の中では、最もショボくて小さい駅の1つである。そのくせ人の数だけはやたら多く、私は地元ながら、どうも好きになれない。

まあ、京都駅と比べると規模も格も1/10以下ですな..
   

       

《京都府での宿泊予約は こちら から》


|戻る|

スパミシュラン 特別編   
(2012年8月取材)