垂玉温泉 山口旅館

熊本県阿蘇郡南阿蘇村河陽 Tel:0967-67-0006
http://www.tarutama.jp/

《垂玉温泉 山口旅館の宿泊予約は こちら から》
南阿蘇の山中にある一軒宿の温泉。江戸時代から続く名湯で、北原白秋や野口雨情などの文人が泊まった宿としても知られている。
秘湯として名高い「地獄温泉」のすぐ手前に建っており、周りは見渡す限りの山、山、山.. 自然環境も抜群の、のどかな落ち着いた温泉である。

浴場は「天の湯」、「かじかの湯」、「滝の湯」、そして「家族風呂」の4ヶ所。
「天の湯」はサウナ付きの大浴場で、窓から見える木々の緑が美しい。しかも、どこにでもあるような「いわゆる旅館の大浴場」ではなく、木をふんだんに使った重厚な造りの内湯で、これは気に入った。
湯は無色透明の単純泉で、金気臭を感じることができる。

「かじかの湯」は茅葺き屋根の付いた露天風呂だ。こちらも周りの山の緑が美しい..
木の湯船と岩風呂の2つがあり、それぞれ泉質が異なるとのこと。ただし、見た目は非常に似ており、共に無色透明で金気臭あり。

そして何と言っても最高に素晴らしいのが「滝の湯」である。旅館の建物を出て、道路を挟んだ反対側、大きな滝の下にある露天風呂だ。
宿から少々歩いて行かなければならないが、この風呂は是非とも入っておくべきであろう。渓流沿いに造られた岩風呂には滝のように源泉が注がれ、そのまま流れ出ている。
しかも、湯に浸かりながら上を仰ぎみると、そこには迫力ある大滝がドドドドド.. こんな風呂なら、いつまで入浴していても飽きることがない。

湯は透明に近い微白濁。白いモロモロ状の湯の花が大量に舞っているが、意外にも硫黄臭はほとんど感じられず、それよりも金気臭のほうが強い。

ちなみに、この「滝の湯」は混浴だが、女性には湯浴み着があるので、皆さん結構平気で入ってくるようだ。
なお、「滝の湯」は日帰りでの入浴はできない。是非、宿泊してみてください。

家族風呂は南館の古い建物内にある。家庭用の浴室をひと回り大きくしたような風呂だが、鍵をかけて貸切にできるので、妙に落ち着く..
丸タイルを張り付けたレトロな浴槽は、一人で入るには充分すぎるぐらいの大きさだ。家族であれば、2人で入っても良いだろう。

50度以上と思われる熱い源泉が常に注がれているので、しばらく誰も入っていないと熱くて熱くて、とても入れたものではない.. 水をうめて適温にして浸かると、ザバーっと湯が溢れ出し、気持良いことこの上ない。

以上、4つの風呂を充分に堪能させていただいた。もちろん、全て完全な掛け流し! まさに日本でも最高レベルの温泉である。
 
 泉質

単純泉 57.1度、51.5度、43.0度
含硫黄-カルシウム・マグネシウム-硫酸塩泉 50.1度

 
 日帰り入浴情報

11:00〜15:00 無休 600円

 
 アクセス

熊本駅から車で約1時間。九州自動車道熊本ICから車で約45分。熊本空港から車で約40分。

 
|戻る|

スパミシュラン 熊本県の温泉

JAL日本航空 先得







天の湯


かじかの湯


滝の湯


家族風呂

 
  初入湯年: 2010年
  (最終更新日: 2010年5月)