阿部倉温泉 湯の沢旅館

神奈川県横須賀市阿部倉32-2 Tel:0468-51-0455

《神奈川県での宿泊予約は こちら から》
大楠山登山口のバス停から登山道を登っていくこと10数分、高速道路に面した高台にある一軒宿の温泉。三浦半島の温泉としては最も歴史が古いとのこと。

この宿、基本的に入浴のみというのは受け付けていない。日帰りで訪れる場合は、必ず事前に電話で予約し、昼食か休憩を付ける必要がある。
私は最も安い「広間での休憩付き」で予約したのだが、行ってみると、広間に別の客が入っているとのことで個室に通された。しかも広間の料金のままで.. これは思わぬラッキーであった。

浴場は小ぢんまりとしており、いかにも古い旅館の風呂といった風情だ。石で囲った湯船は、4人ほどが入れる大きさ。まあ、この規模の宿としては充分であろう。清掃も行き届いていて、快適な湯浴みを楽しむことができる。

湯は無色透明無味無臭。分析表には硫化水素臭ありと記載されているが、風呂の湯はもちろん、鉱泉の蛇口をひねってみても、硫黄の香りは一切感じられなかった。
見た目は温泉らしくないが、湯船の縁には焼肉のセンマイのような結晶が固まって付着している。温泉の成分は意外にも濃そうだ。

ここの湯が掛け流しなのか循環なのか、私には判断できなかった..
と言うのも、脱衣所の掲示では「循環なし、消毒なし」と記載されている。なので、まず掛け流しということで間違いないと思うのだが、浴槽の底からは湯がしっかり吸い取られているし、消毒臭らしきものも少し感じられたし..

まあ、いずれにしても、のんびりできる温泉であることは確かだ。個室休憩は本来1人2,100円であるそうだが、この値段で夕方4時までずっといられるので、これはお得と言えるかもしれない。
 泉質
単純硫黄泉 15.5度
 日帰り入浴情報
10:00〜16:00(要予約) 第2・4金休 1,680円から
 アクセス
JR横須賀線衣笠駅から逗子駅行きバスで約10分、または京急汐入駅から湘南国際村行きバスで約10分、「大楠登山口」バス停下車、徒歩12分。
|戻る|

スパミシュラン 神奈川県の温泉

JAL日本航空 先得







私が休憩した部屋

 
初入湯年: 2009年
 (最終更新日: 2009年10月)