大涌谷温泉(番外編)

評価対象外

神奈川県足柄下郡箱根町大涌谷
http://www.owakudani.com/


《神奈川県での宿泊予約は こちら から》
最初にお断りしておくが、ここ大涌谷には入浴できる温泉はない。一応、箱根20湯の中に「大涌谷温泉」も含まれているのだが、ここはあくまでも泉源地であって、ここから箱根の各地に温泉水が送られているのだ。

箱根ロープウェイを大涌谷駅で降りると、卵が腐ったような硫化水素臭が漂ってくる。荒涼とした山肌からは 水蒸気の白い煙がモクモクと.. これは凄い! しかも、北海道や九州ならいざ知らず、ここは神奈川県内なのだ。それがまた凄い..

ロープウェイの駅周辺にはレストハウスや土産物屋が並び、駐車場には観光バスや車が溢れている。そう、ここは常に多くの観光客が訪れる、「大観光地」なのである。中国語や韓国語も飛び交っているので、外国からの観光客もかなり多いのだろう。

駅から山の斜面に向かって、遊歩道が伸びている。そこを人の波に揉まれながら登っていくと、10分ほどで地獄地帯に到着する。本当はもっと奥に進みたいのだが、ガス濃度が濃いためか、立ち入れるのはここまでである。

ボコボコと沸き上がる源泉があり、そこでゆで卵を作って売っている。これが有名な、大涌谷の「黒タマゴ」だ。右の写真を見ていただければ判る通り、卵の殻が真っ黒になっている。これは、殻の成分が温泉の硫化水素と科学反応を起こして変色するためだそうで、見た目は不気味だが、味はなかなか美味しいと評判だ。

早速、我々も買い求めてみた。5個入りで500円。いわゆる温泉卵のように黄身が半熟なのかと思っていたら、黄身まで硬い、完全なゆで卵であった。確かにこれは美味しい。
この黒タマゴ、1個食べると7年長生きできるというキャッチフレーズが付いている。しかし、7年はいくら何でも欲張りすぎだと思うが..
それにしても、周りにいる観光客は、ほぼ全員が黒タマゴを食べている。その数、およそ200人.. これほど多くの人間が一心不乱に卵を食べている場所というのは、世界中を探してもまず無いのではなかろうか..

さて、肝心の温泉についても少し触れておこう。この大涌谷には「箱根温泉供給株式会社」という会社 の施設があって、そこでは地下水に高温の蒸気を当てて人造の温泉を生成している。
人造とは言え、硫黄を大量に含んだ蒸気に当てられた湯は真っ白に白濁し、硫化水素臭も強く漂うようになる。知らずに入浴すると、これが人工的に作られた温泉であることなど絶対に判らないであろう。
私も、大涌谷で造られて引湯された温泉に、強羅や仙石原で入ったことがある。トロリとした良い湯で、非常に満足度が高いものであった。これなら、人造温泉とは言っても、地下から湧いた 普通の温泉と比べて全く遜色がない。
 泉質
酸性-硫酸塩・塩化物泉
 日帰り入浴情報
入浴不可
 アクセス
箱根ロープウェイ大涌谷駅から徒歩約10分。
|戻る|

スパミシュラン 神奈川県の温泉

JAL日本航空 先得







80度の源泉(当然入浴不可)


源泉で黒タマゴを作っている人


これが黒タマゴだ


温泉を造成している現場

 
初入湯年: 未入湯
 (最終更新日: 2009年3月)