寒川乃お湯屋(閉店)

神奈川県高座郡寒川町宮山3603-5 Tel:0467-72-3526
http://samukawaoyuya.bufsiz.jp/


《神奈川県での宿泊予約は こちら から》
JR相模線宮山駅の改札を出たところ、すぐ目の前にあるスーパー銭湯。趣きもへったくれもない、ホームセンターのような外観だ。

私は今ここを「スーパー銭湯」と紹介したが、私の分類ではどちらかと言うと「日帰り温泉」に近い。確かにロビーには食堂やマッサージ、カットサロンなどがあり、どう見てもスーパー銭湯なのだが、浴場がそれっぽくないのだ。浴室にあるのは、浴槽が1つとサウナのみ。スーパー銭湯にお決まりの各種ジェット風呂がなく、その分、落ち着いた雰囲気になっている。
一方、露天は非常に充実している。かなり大きな湯船が2つと水風呂があり、のんびりゆったり入ることができる。

面白いことに、ここでは「天然温泉」とは一切謳っていない。「温泉成分を含んだ湧水」というような表現であるため、一部のサイトでは「ここは温泉ではなく、ただの井戸水」と書かれたりもしている。さて、その真相は...

内風呂と露天風呂の湯、そして水風呂の水は微黄褐色透明である。スベスベとした浴感もあり、どこから見ても温泉そのものなのだが、実はこれ、温泉ではなく「色の付いた井戸水」とのこと。
ところが、露天の奥のほうにある風呂に張られた無色透明無味無臭の湯が、実は温泉なのだ。メタ珪酸の含有量が59.9mg/ℓと規定値を僅かに超えているため、かろうじて温泉法上の温泉になるのである。ただ、どうやら正式な分析は行なっていないようで、持ち込みでの簡単な検査だけをしてもらった模様.. そのため、声高には「温泉」と名乗っていないのだと思われる。
それにしても、どう見ても温泉だと思われる湯が実は温泉ではなく、逆に全くクセがなく、どう見ても普通の白湯にしか見えないほうが温泉であるとは... 不思議なものだ。

ここで素晴らしいのが、露天にある水風呂である。そこそこの大きさがあり、しかもパイプから凄い勢いで注がれ、そのまま溢れ出している。おそらく冷たい源泉(とは言っても、こちらは「井戸水」のほうだが..)をそのまま掛け流しているのだろう。消毒臭は全くなく、代わりに仄かな鉱臭が感じられる。最近のヘタな「天然温泉」よりも、はるかに素晴らしい泉質と言える。この水風呂に入るだけでも、ここを訪れる価値は充分にあると思う。 
 泉質
温泉法上の温泉(メタ珪酸)
 日帰り入浴情報
10:00〜翌1:00 無休 650円(平日は550円)
 アクセス
JR相模線宮山駅から徒歩30秒。
|戻る|

スパミシュラン 神奈川県の温泉

JAL日本航空 先得


 
初入湯年: 2006年
 (最終更新日: 2006年4月)