いなり湯

横浜市中区大和町1-12 Tel:045-623-8771
http://www.1126.jp/tenpo/naka/inariyu.htm


《神奈川県での宿泊予約は こちら から》
山手駅から延びる「大和町商栄会」の中にあるのだが、この商店街の道が異様に真っすぐなのだ。はるか先まで一直線.. 聞くところによると、ここは昔(明治時代)、イギリス軍の射撃演習場だったとのこと。それがそのまま道路になったので、このような真っすぐな道になっているのだそうだ。

「いなり湯」は大変レトロな銭湯で、中に入ると、半世紀ほど昔にタイムスリップしたようである。脱衣所の天井には年代もののシャンデリアが吊るされ、壁には古い柱時計や天狗の面など、時代を感じさせる装飾が素晴らしい。
ただ、ちょっと気になるのは、やたらにモノが多いこと.. 脱衣所のいたる所に、木彫りの熊や信楽焼の狸、インド土産(?)の象、福助人形などなど、ありとあらゆるモノが置かれているのだ。そのため非常に雑然とした雰囲気になっており、せっかくのレトロな趣きが台無しである。これはちょっともったいない..

浴室も古い。富士山の壁絵、鯉のタイル絵、そして奥の壁に沿って設けられた2つの浴槽..と、まさに横浜の正統派銭湯そのものである。

温泉浴槽は1つ。2〜3人が入れる小さなもので、そこに真っ黒な湯が張られている。これが熱い! まあ我慢できない程ではないが、備え付けの温度計を見ると、これがなんと46度.. やはりちょっと熱すぎだろう。

この温泉浴槽、半分が電気風呂になっている。しかも湯が黒いので、どこが電気の部分かが判らない.. そのため入る場所によっては、いきなり強烈にビリビリとくるので注意が必要だ。

このような昔ながらの銭湯は、近年、どんどん廃業に追い込まれている。できれば永く営業を続けてほしいものである。
 泉質
重曹泉 17.4度
 日帰り入浴情報
15:00〜24:00 火休 銭湯料金
 アクセス
JR根岸線山手駅から徒歩5分。
|戻る|

スパミシュラン 神奈川県の温泉

JAL日本航空 先得







使い込まれた下足箱

 
初入湯年: 2005年
 (最終更新日: 2005年3月)