湯河原温泉 ままねの湯

神奈川県足柄下郡湯河原町宮上616 Tel:0465-62-2206
http://www.yugawaraonsen.or.jp/search/inn/0016/index.htm


《湯河原温泉での宿泊予約は こちら から》
湯河原温泉の中でも、昔ながらの湯治場の雰囲気を色濃く残す「温泉場」にある浴場。非常に判りにくい場所にある。まさに路地の奥の奥といった感じで、観光客が立ち寄るようなところではない。

浴場の入口から階段を下りていくと、そこが男女別の脱衣場になっている。脱衣場とはいっても、カーテンで仕切られただけの質素なものである。料金は200円。係の人がいる時はその人に払い、いない時は箱に入れる..

タイル貼りの浴室は意外に新しく、鄙びた秘湯という雰囲気ではない。浴室の中央に長方形の湯船があり、5〜6人は入れそうである。

湯はかなり熱め。でも、東京の銭湯によくあるような飛び上がるような熱さではなく、なんとか許容範囲である。無色透明でクセのない湯だが、石膏を含んだ熱い湯に浸っていると、いかにも身体に効いてきそうだ。
ここは82度の源泉を一旦溜めて、冷ましてから浴槽に注いでいる。今では湯河原でも大半が循環スタイルであるそうだが、ここ「ままねの湯」は、まぎれもなく源泉100%の素晴らしい温泉である。

来る客も、そのほとんどは療養客で、皆ひっそりと湯治をしている。昔読んだ雑誌に、「ままねの湯は純然たる湯治の湯である。観光気分で寄ってはならない。」と書いてあった。しかし実際に訪れてみると、そのような妙な緊張感は全くない。
 泉質
ナトリウム-カルシウム・塩化物・硫酸塩泉 82.8度
 日帰り入浴情報
8:00〜21:00 毎月0の付く日が休み 200円
 アクセス
JR東海道本線湯河原駅からバスで約10分、「温泉場中央」バス停下車、徒歩3分。
|戻る|

スパミシュラン 神奈川県の温泉

JAL日本航空 先得


 
初入湯年: 2003年
 (最終更新日: 2009年2月)