朝日湯

横浜市鶴見区生麦3-6-24 Tel:045-501-5863
http://www.1126.jp/tenpo/turumi/asahiyu.htm


《神奈川県での宿泊予約は こちら から》
幕末の「生麦事件」で知られる生麦にある温泉銭湯。第一京浜国道に面しており、右の写真の通り大型トラックがひっきりなしに通る。外観は寺社風のレトロな佇まい。一歩中に入ると、通りの喧騒が嘘のようなほっこりとした空間になる。 脱衣場も昔ながらの銭湯という感じだ。

浴室は意外と新しくてきれい。近年、改装したようである。そんなに広くはないのだが、天井がかなり高いので、決して狭くは感じない。浴槽は温泉利用のものが2つと白湯が2つ。それぞれ2〜3人も入れば一杯である。

温泉は典型的な黒湯。透明度は10cmあるかないかで、かなり濃い。別料金(100円)で小さなサウナに入れるが、その水風呂に源泉がそのまま利用されている。温浴と冷浴を交互に繰り返すことができ、これはなかなか気持ちが良い。
 泉質
重曹泉 16.5度
 日帰り入浴情報
15:00〜23:00 毎月5のつく日が休み 銭湯料金
 アクセス
京急生麦駅から徒歩5分。
|戻る|

スパミシュラン 神奈川県の温泉

JAL日本航空 先得



車が途切れない..


ラジューム..

 
初入湯年: 2002年
 (最終更新日: 2002年4月)