中之島西区温泉

鹿児島県鹿児島郡十島村中之島ケブシ72 Tel:09912-2-2101(中之島支所)

《鹿児島県での宿泊予約は こちら から》
トカラ列島」は屋久島と奄美大島の間に浮かぶ12の島々から成り、そのうち7つの島に人が住んでいる。最も鹿児島寄りの口之島から一番遠い宝島までの距離は何と160km! しかも交通手段は週に2便の村営船のみ.. 国が定めた最高僻地5等級とやらで、まさしく絶海の孤島と言えるだろう。

中之島は、そんなトカラの中では面積、人口ともに最大の島である。(とは言っても160人ほどだが..)
島の中央には標高979mの御岳がそびえ、これは今でもれっきとした活火山だ。そのためか、島には良質の温泉がいくつか湧き出ている。

港の近く、西集落の海岸沿いにある共同浴場が「西区温泉」で、外来者でも気軽に入浴することが可能。無人なので、料金箱に寸志を入れよう。

入口を入ったところが脱衣スペースになっていて、そのまま仕切りなしに浴室へと繋がっている。防波堤が壁がわり、屋根はビニールトタンという粗末な造りだが、さすがに地区の浴場だけあって清潔に保たれている。

湯は白濁した硫黄泉。湯に浸かるとおなかの辺りがうっすら見えなくなる程度の濁り具合で、もうひとつの共同浴場「東区温泉」よりも若干薄めである。また、弱い塩味も感じられる。
なにぶんにも71度の源泉がそのまま注がれているので、放っておくと熱い熱い.. ホースで水を足し適温にしたところで飛び込むと、硫黄臭があたり一面に漂い、もう最高の気分だ。

島の人たちにとって共同浴場は家庭の風呂の代わりなので、このような鄙びた浴場には珍しく、シャワー付きのカランが5つも設置されている。
夕刻は混み合うものの、それ以外の時間は閑散としていて、私は滞在中に何度も訪れたがほとんど一人であった.. (一度だけ先客がいたことがあったが、その人は駐在のお巡りさんだった。湯に浸かりながら、色々と話し込んでしまった..)

日本でも有数の「行きにくい温泉」だが、それでも訪れる価値が充分にある、素晴らしい温泉である。
 泉質
硫黄泉 71.2度
 日帰り入浴情報
24時間(夕刻に清掃あり) 無休 寸志
 アクセス
鹿児島港南埠頭から村営船「としま」で約7時間、中之島港で下船、徒歩10分弱。
|戻る|

スパミシュラン 鹿児島県の温泉

JAL日本航空 先得






 
初入湯年: 2007年
 (最終更新日: 2007年2月)