夏油温泉 元湯夏油

岩手県北上市和賀町岩崎新田1-22 Tel:090-5834-5151
http://mizuki.sakura.ne.jp/~geto/


《夏油温泉での宿泊予約は こちら から》
熊が出そうな山道をどんどん登っていくと、急に視界が開け、温泉街が出現する。温泉街とは言っても、宿は3軒のみ。しかも、メインはそのうちの「元湯夏油」である。

入口で入浴料金(400円)を払って中に入ると、宿の敷地内がひとつの温泉街という雰囲気になっている。旅館棟、湯治棟の建物がいくつも並び、それに加えて、食堂や売店なども点在する。

夏油名物の露天風呂は、この元湯夏油の敷地内にある。露天は全部で5種類。大湯、滝の湯、疝気の湯、真湯、女(め)の湯で、すべて渓流に沿って作られている。
しかも、これらのほとんどが混浴である。私が訪れたのは日曜だったので、たくさんの入浴客で賑わっていたが、女性もかなり多くが混浴風呂に入っていた。しかも、若い女性も多かった。バスタオルで前を隠しながら、風呂から風呂へと渡り歩く様は、何か別世界のようで、「まだ日本にもこんな所が残っていたんだ..」と嬉しくなってきた。

一番人気は、大湯である。かなり大きめの露天風呂で、木で作られた屋根が付いている。湯は透明で、少々熱め。すぐ下を川が流れ、いつまで入っていても飽きることがない。
真湯も大きめの露天風呂である。浴槽の周りに石が配してあり、こちらも風情があって良い。ただ、大湯以上に熱い..
女の湯は、川を渡った対岸にある小さな露天である。滝の湯は、男女別の小さな湯小屋であった。コンクリート造りの粗末な浴槽が、秘湯ムードを感じさせてくれる。

私は夏に訪れたのだが、紅葉のシーズンも最高であろう。ただし営業は11月中頃までで、冬期は閉鎖される。
 泉質
ナトリウム・カルシウム-塩化物・硫酸塩泉 60度(大湯)
含硫黄・ナトリウム・カルシウム-塩化物泉 55度(滝の湯)
含炭酸土類石膏食塩泉 56度(真湯)
泉質不明 35℃(女の湯)
 日帰り入浴情報
6:00〜20:00 11月中旬〜4月休業 400円
 アクセス
JR東北新幹線北上駅から夏油温泉行きバスで約1時間。
|戻る|

スパミシュラン 岩手県の温泉

JAL日本航空 先得




 
初入湯年: 1991年
 (最終更新日: 2009年12月)