大洗温泉 ゆっくら健康館

茨城県東茨城郡大洗町港中央26-1 Tel:0292-67-1126
http://www.yukkurakan.jp/


《茨城県での宿泊予約は こちら から》
大洗マリンタワーの前にある町営の温泉施設。町営の日帰り温泉ということで、もっと小ぢんまりとした施設を想像していたのだが、行ってみて驚いた。ドーンと立派な建物が建っている。さすがに原子力関連施設のある町は違う..

「こんな田舎に、こんな巨大な温泉施設を作ってどうするつもりか?」というのは愚問である。駐車場は車で溢れ、中は芋の子を洗うように混雑している。もともとパチンコぐらいしか娯楽のない田舎である。そこに大規模な温泉ができれば、近隣からわんさか人が集まっても何の不思議もない..

浴室とプールがあって、浴室だけなら料金は1,000円(当時)。プールも入るなら200円アップとなる。私は当然、浴室のみを利用させていただく。

建物が巨大な割には浴室は意外と狭い。公営温泉っぽくなく、どちらかというと小さな健康ランドといった感じの浴室である。メインの浴槽が1つあり、これが温泉だ。他に漢方薬湯、サウナ、水風呂があるが、サウナは極めて小さい。ほとんど銭湯のサウナ並みで、混んでいるので落ち着いて入れない..

泉源は2つあり、16.5度の重曹泉と15.2度の食塩泉。浴槽にはこの2つを混ぜて使っている。湧出量は各々200ℓ/分と250ℓ/分。両方合わせると結構な量であり、近所の温泉スタンドで湯の販売も行なっているとのこと。
湯は少し黄色がかった透明で、微かな塩味を感じることができる。

残念ながら露天風呂は無い。しかも窓の外は駐車場で、眺めは今ひとつである。ただ、ほんの少しだけだが一応海が見える。

風呂以外で、評価できる点と評価できない点を言わせてもらうと..

ここでは分煙がしっかりしており、煙草は喫煙コーナー以外では一切吸えない。そのため、食堂や休憩室は全て禁煙となっていて、たいへん気分良く過ごすことができる。これは評価したい。

逆に評価できないのはロッカーのシステムである。何故か、ロッカー室と脱衣室が別になっており、客はまずロッカー室に行き、荷物や貴重品をロッカーに入れる。そして今度は脱衣室に行って服を脱ぐ。脱衣室にはロッカーは無く、脱衣カゴしか置いていない。
私は、せっかく貸してもらったバスタオルをうっかりロッカーに入れてしまったため、結局、体を拭くことができなかった.. どうして、こんなに面倒で非効率的なシステムにしているのだろうか..

余談ではあるが、私はこの温泉に行くため、生まれて初めて茨城県を訪れた。風呂の中や休憩室で周りの人達の話す言葉を聞いてびっくりした。私には、完全に東北弁に聞こえるのだ.. 少なくとも、普段聞き慣れている関東弁のアクセントとは明らかに違う。茨城は文化圏でいうと関東ではなく東北に属するのか..と思い知らされた。
 泉質
ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉 16.5度
ナトリウム-塩化物泉 15.2度
 日帰り入浴情報
10:00〜21:00 水休 700円
 アクセス
JR水戸駅から鹿島臨海鉄道のワンマンカーで15分、大洗駅下車、徒歩約10分。
|戻る|

スパミシュラン 茨城県の温泉

JAL日本航空 先得


 
初入湯年: 2003年
 (最終更新日: 2003年7月)