有馬温泉
竹取亭円山別亭 康貴

神戸市北区有馬町1401 Tel:078-903-0221
http://www.taketoritei-koki.com/

《有馬温泉での宿泊予約は こちら から》
有馬温泉にある日帰り入浴施設。すぐ横に金泉の源泉地「有明泉源」があり、湧きたての新鮮な湯を楽しむことができるとのこと。これは期待が持てそうだ。

ここは有馬の高級旅館「竹取亭円山」の別館で、日帰り専用である。最近では、有馬の旅館でも日帰り入浴を行なっているところが増えてきたが、時間的な制約が厳しかったり、食事付きのみであったりと、なかなか敷居が高いことが多い。それだけに、日帰り専用の施設というのは有難い。

脱衣所に入って、まず絶句.. あまりにも狭い。そして質素..まるで田舎の温泉場の共同浴場のようだ。
浴室もすごく小ぢんまりとしていて、これは予想外であった。ただし、小さいながらも金泉と銀泉の浴槽がそれぞれあり、有馬の名湯を両方堪能することができる。

この内湯の金泉と銀泉は掛け流しではなく、循環されているとのこと。銀泉は放射能泉なので、全くの無色透明無味無臭。消毒臭も若干気になり、はっきり言って水道水を沸かした湯との違いが判らない。
一方、金泉のほうは素晴らしい。循環とは言え、隣の有明泉源から引いた95度の源泉が常時注がれ、湯の質は極めて高い。

そして、さらに秀逸なのが外気浴にある金泉の風呂だ。1人か2人しか入れない小さな湯船だが、信楽焼の立派なもので、そこに金泉の源泉が掛け流されている。
内湯の金泉は鮮やかな赤茶色だが、こちらの外気浴では色が薄めで、透明度も少しある。銀泉とブレンドしているのかな..?
湯温はまさに適温で、入り心地はバツグン! これならいつまででも入っていられる。いや〜、これは気に入った。

しつこいようだが、ここの浴場は本当に小ぢんまりとしているので、高評価になるか低評価になるかは、混み具合次第と言えるだろう。
私は幸いにも、他の客がおらず、この素晴らしい風呂を独り占めすることができたので、たいへんのんびりすることができた。しかし、混み合っていたら、それはそれは窮屈であったであろう.. 行かれるなら、平日をお奨めしたい。
 
 泉質

含鉄・ナトリウム-塩化物強塩泉 94.8度
単純放射能泉 18.2度

 
 日帰り入浴情報

10:00〜18:00 火休(不定休あり) 1,000円

 
 アクセス

神戸電鉄有馬温泉駅から徒歩5分。

 
|戻る|

スパミシュラン 兵庫県の温泉

宿・ホテル予約ならじゃらんnet






 
  初入湯年: 2014年
  (最終更新日: 2014年8月)