武田尾温泉 河鹿荘

兵庫県西宮市塩瀬町名塩5313-33 Tel:0797-61-0331
http://www.eurus.dti.ne.jp/~ss0110/


《河鹿荘の宿泊予約は こちら から》
武田尾温泉は、僅か4軒の旅館が川沿いにひっそりと肩を寄せ合う、のどかな温泉だ。

ここ「河鹿荘」は水上勉の小説「桜守」にも登場する老舗の宿で、「マルキ旅館」の奥に隠れるように建っている。
かなり年季の入った建物で、まさに「昔ながらの温泉宿」といった風情である。

日帰り入浴を頼むと、先客が家族風呂として入っているのでしばらく待ってくれとのこと。15分ほど待たせてもらったが、その間、丁寧にもお茶を出していただいた。

浴室は渓流沿いにあり、カジカの鳴き声が聞こえてくる。そして窓を開けると木々の緑が目に飛び込んでくる。よく見るとモミジの木だ。これは秋の紅葉がさぞきれいだろう..

5〜6人が入れるタイル浴槽には、無色透明無味無臭の湯が張られている。放射能泉なのでほとんどクセはないが、肌が少しスベスベするのが判る。塩素臭も全く感じられない。

宝塚から僅か10分で、これほどの深山幽谷の気分が味わえるとは、にわかに信じがたい。都会の喧騒を忘れ、のんびりするにはもってこいの宿である。
 泉質
含食塩硫黄泉 27度
 日帰り入浴情報
11:00〜16:00 無休 1,000円
 アクセス
JR福知山線武田尾駅から徒歩20分弱。
|戻る|

スパミシュラン 兵庫県の温泉

JAL日本航空 先得






 
初入湯年: 2005年
 (最終更新日: 2009年6月)