ジェームス山天然温泉
月の湯舟

神戸市垂水区青山台7-4-46 Tel:078-752-2619
http://www.tsuki-no-yufune.com/


《兵庫県での宿泊予約は こちら から》
第二神明道路の名谷ICそばにあるスーパー銭湯で、周りをニュータウンの団地に囲まれている。
ここの建物は、スーパー銭湯らしくない。外観はまるで「現代美術館」のようで、どこが入口なのかも判らず、思わず駐車場の警備員に聞いてしまった..

内湯、露天ともかなりの広さで、様々な浴槽が並んでいる。ただし、内湯の湯は全て白湯で、温泉は露天にのみ使われている。

この露天が凄い。段状になったところに3つの湯船があるのだが、なかでも真っ先に目に飛び込むのが、乳白色の湯をたたえた大きな浴槽だ。
誰もが「入浴剤を入れているのだろう」と思ってしまうが、実はこれ、純然たる天然の色なのである。塩化カルシウムの結晶が白く濁っているそうで、まるで白骨温泉のような青みがかった見事な白濁の湯である。透明度は約20cm。首まで浸かると、腹のあたりは全く見えなくなる。

ここの風呂の湯が乳白色になったのは、2005年4月からである。それ以前も源泉そのものは白かったそうだが、温泉成分によって配管が詰まりまくるため、やむなく完全濾過して使っていたそうだ。「何とか白い湯をそのまま..」ということで色々工夫した結果、白濁の湯を浴用で使うことができるようになったとのこと。

私が知る限り、近畿で他に乳白色の温泉が湧くのは、「雲取温泉」や「湯の峰温泉」など、南紀のごく一部の温泉だけである。もちろん、京阪神では他に例を見ない。これは、はっきり言って素晴らしい!

設備的にも申し分ない。露天には温泉の寝湯や海水を使った岩風呂もあり、内湯の種類も盛りだくさん。もちろん、大きなサウナも完備されている。

あえて難を言えば、消毒用の塩素臭が結構強く、せっかくの白濁湯の良い雰囲気を落としてしまっている。やはり、北海道や東北の温泉と同じようにはいかないようだ..
それでも、神戸市内でこんなに白い湯を楽しむことができるなんて、本当に有難い。塩素臭のことを考慮しても、充分星4つに値する。
 泉質
ナトリウム-炭酸水素塩・塩化物泉 31.2度
 日帰り入浴情報
10:00〜翌1:00 無休 800円(平日は700円)
 アクセス
JR・山陽電車垂水駅から山陽バス「つつじが丘」行きで10分少々、「美山台」バス停下車、徒歩5分。
|戻る|

スパミシュラン 兵庫県の温泉

JAL日本航空 先得





神戸では珍しい乳白色の湯

 
初入湯年: 2005年
 (最終更新日: 2005年5月)