湯ノ岱温泉
上ノ国町国民温泉保養センター

北海道檜山郡上ノ国町字湯ノ岱517-5 Tel:0139-56-3147
http://www.town.kaminokuni.lg.jp/hotnews/detail/00000167.html

北海道の道南、上ノ国町の山あいの集落にある一軒宿の温泉。

外観はギョっとするような寂れ具合で、中も鄙びているが、風呂は最高なのだ。
もちろん、浴場もかなり古びているものの、温泉好きなら、思わず歓声を上げてしまうだろう。

広い浴室内には、湯船が3つ。大きさは大、中、小となっており、それぞれ湯温が異なる(大は38度、中は42度、小は35度)。
どの風呂もたいへん素晴らしいのだが、特に35度の湯が最も気に入った。ぬるめなので、いつまででも入っていられる。

湯は土色微濁で、甘じょっぱいダシのような味と金気臭あり。
温泉の成分が非常に濃く、浴室の床などは茶色い堆積物が鍾乳石のようになっていて、歩くと足の裏が痛いほどだ。

いや〜、これは素晴らしい! 文句なしに星5つを進呈させていただく。
 
 泉質

ナトリウム・カルシウム-塩化物・炭酸水素塩泉 39.0度 湧出量 250リットル/分

 
 日帰り入浴情報

10:00〜21:00(11月から4月までは〜20:00) 第3月休 350円

 
 アクセス

北海道新幹線木古内駅から車で約30分。

 
|戻る|

スパミシュラン 北海道の温泉







打たせ湯


浴室の床や壁はドロドロになっている

 
  初入湯年: 2017年
  (最終更新日: 2017年5月)