屈斜路湖温泉郷
和琴温泉 桂月の湯

北海道川上郡弟子屈町屈斜路湖畔

《北海道での宿泊予約は こちら から》
和琴温泉公衆浴場」で私と入れ替わりにやって来た地元民らしきおじいさんが、「ここから更に奥に行くと、湖に面した露天風呂があるよ。ほとんど誰も知らない穴場だよ。」と教えてくれた。これは行くしかあるまい..

公衆浴場からオヤコツ地獄に向かって山道を歩くこと約5分、露天風呂(と言うより湯だまり)らしきものがはるか下の湖岸に見えたが、うっそうと茂った林の向こうにあり、どこから下りればいいのか判らない。
ようやく獣道を見つけ、辿り着いた所は.. 人工的な露天風呂ではなく、湖の波打ち際に少し岩で囲まれた場所があり、どうやらそこで温泉が湧いているようだ。
少し湯気が出ているのと、温泉成分で石が茶色く変色しているので、なんとなく判る。

しかし湯に浸かるには、2mほどの崖を下りる必要があるのだ。幸い、ちょうど良い具合に岩の出っ張りがあったので、そこに足をかけて何とか下りることができた。

手をつけてみると.. 温かい! 間違いない、これが温泉だ。早速、その場で裸になって浸からせてもらった。

驚くべきことに、深さも充分、温度もちょうど適温であった。風呂の水面と湖面は全く同じ高さなので、波で湖の水がジャブジャブと風呂に入り込んでくる。熱い源泉と冷たい湖水がベストの割合で混ざり合って、ちょうど良い温度になっているのだろう。まさに、自然が造り出す芸術である。

湯は無色透明で、茶色い湯の花が多く見られる。金気臭も強く、周りの石が酸化して茶色くなっているのも納得だ。

いや〜、良い野湯を教えてもらった。公衆浴場のおじいさん、ありがとう!
 
 泉質

不明

 
 日帰り入浴情報

24時間入浴可能(ただし夜間は危険) 無料

 
 アクセス

JR釧網本線川湯温泉駅から車で約20分、和琴駐車場から徒歩15分。
(和琴まで女満別空港から車で約40分、釧路空港から車で約90分。)

 
|戻る|

スパミシュラン 北海道の温泉

JAL日本航空 先得







湯船から湖を見るとこうなる

 
  初入湯年: 2011年
  (最終更新日: 2011年7月)