越川温泉

北海道斜里郡斜里町越川

《北海道での宿泊予約は こちら から》
標津と斜里を結ぶ国道244号線沿いにある温泉。

標津方面から来ると、根北峠を越えて5kmほどの山の中なのだが、国道沿いには看板も何もない。ただ、錆びまくった白いドラム缶が2本、トーテムポールのように立っているのが唯一の目印.. 私もつい、通り過ぎそうになってしまった。

こういう温泉を何と称したら良いのだろうか.. 確かに「日帰り温泉」には違いないのだが、そんなにちゃんとした施設ではない。
おそらく地域で共同管理しているのか、あるいは個人所有の温泉なのかもしれない。いずれにしても、「地元の人による地元のための温泉」であることは間違いなさそうだ。

浴場は質素で鄙びまくっている。浴槽と床はコンクリート造り、壁は木の板、そして屋根はビニールトタン.. うーん、まさに私好みの素朴な湯小屋だ。
浴室の床は温泉の成分で茶色と緑色のまだら模様に変色しており、これはもう、湯に入る前から期待が高まる。

湯は微かに緑がかった微濁で、塩辛さと金気臭が感じられる。もちろん純然たる掛け流し! 熱めの源泉と冷たい沢の水が太いパイプから同時に注がれている。
また、湯口にはコップが置いてあり、飲泉も可能。ただし塩辛すぎてとても飲めたものではなかったが..

いやー、しかしこれは気に入った。まさに秘湯中の秘湯。泉質最高、雰囲気最高! 文句なしに星5つを進呈させていただきたい。
 
 泉質

ナトリウム・カルシウム-塩化物・硫酸塩泉 50.9度 湧出量 450リットル/分

 
 日帰り入浴情報

6:00〜22:00 無休 200円

 
 アクセス

斜里町の市街から約10km。

 
|戻る|

スパミシュラン 北海道の温泉

JAL日本航空 先得







このドラム缶が目印だ

 
  初入湯年: 2011年
  (最終更新日: 2011年7月)