湯の川温泉 永寿湯

北海道函館市湯川町1-7-14 Tel:0138-57-0797

《湯の川温泉での宿泊予約は こちら から》
湯の川温泉街のはずれ、ホテルや旅館よりも一般の民家の方が多い地域にある外湯。
浴室は典型的な公衆浴場といった感じで、洗い場がたくさんあり、壁際にタイル浴槽が3つ並んでいる。この3つ、それぞれ低温、中温、高温に分かれており、まずは低温から入ってみる。足を浸けた瞬間、「どこが低温じゃい!?」と突っ込みを入れてしまった。少なく見積もっても45度近くはある。まあ入れないほどではないが、かなり熱めと言えるだろう..

ちなみに中温の浴槽は約46度。低温浴槽とさほど変わらないように思われた。そして最後に高温に入ろうとしたが.. これは無理であった。看板には47度と書いてあるが、とんでもない! どうみても50度以上は確実だ。足先を10秒も浸けると、間違いなく火傷してしまうだろう...

湯は無色透明で、強い塩味を感じる。湯口には升が置いてあり、湯船に注がれる湯をそのまま飲むこともできる。ただ、塩辛すぎてほとんど飲めないが..
 泉質
含土類石膏-食塩泉 65.0度
 日帰り入浴情報
5:00〜22:00 無休 銭湯料金
 アクセス
函館市電湯の川温泉電停から徒歩約5分。
|戻る|

スパミシュラン 北海道の温泉

JAL日本航空 先得


 
初入湯年: 2005年
 (最終更新日: 2009年12月)