大船温泉 上の湯
函館市南かやべ保養センター

北海道函館市大船町832 Tel:01372-2-3749
http://www.city.hakodate.hokkaido.jp/minamikayabe/b_kanko2onsen.html


《北海道での宿泊予約は こちら から》
国道278号線の森と恵山のちょうど中間あたり、国道から3kmほど山の中に入ったところにある公営温泉施設。日帰り温泉の「保養センター」と、宿泊施設の「ひろめ荘」が隣り合って建ち、中でつながっている。
いかにも公営といった感じで、新しくきれいな建物だ。ところが浴室に入ってびっくり! 外観とは対照的に、見事に鄙びている。壁や天井は所々、茶色や緑色に変色し、ボロボロに剥がれかかっている。硫黄の成分によるものだろうか..

浴槽は、かなり大きなものと円形ジャグジー風呂の2つ。実は各々泉質が異なっている。大浴槽の方は従来からの保養センターの湯で硫黄泉。ジャグジーの方は隣の「ひろめ荘」からの引湯で、こちらは重曹泉。共に豪快に溢れまくっているのが嬉しい。

硫黄泉の湯は、無色透明ながら大量の白い湯の花が舞っており、当然ながら硫化水素臭が感じられる。湧出量は200ℓ/分とのことで、もちろん源泉掛け流し! しかも加水もしていないので、浴槽の湯も結構熱めだった。
片や重曹泉の方は、全くの無色透明無味無臭。湧出量は350ℓ/分と、これもまた凄い量だが、こちらは温度を下げるために加水しているらしい。すぐ隣同士なのに、これほどまでに種類の異なる湯が湧くとは、誠に不思議なものである。

これだけでも大したものだが、さらに素晴らしいのが露天風呂だ。露天の湯は真っ白! 周りの山々の緑と白い湯のコントラストが見事に美しい。内湯と同じく、こちらもかなり熱い源泉がチョロチョロと注がれているが、外にあるため適度に冷め、ちょうど適温になっている。

公営温泉としては最高レベルの泉質と言えるだろう。文句無しの5つ星である。
 泉質
含硫黄-ナトリウム-塩化物泉 72.5度
ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉 57.1度
 日帰り入浴情報
10:00〜21:00 偶数月の第3水曜休 370円
 アクセス
道央自動車道国縫ICから約100km。
|戻る|

スパミシュラン 北海道の温泉

JAL日本航空 先得




 
初入湯年: 2001年
 (最終更新日: 2005年7月)