相泊温泉

北海道目梨郡羅臼町相泊 Tel:0153-87-2126 (羅臼町環境課)


《北海道での宿泊予約は こちら から》
知床半島の羅臼側、車で行ける最も先の集落「相泊」にある露天風呂。浜辺に小さな小屋が設えてあり、そこにビニールシートがかけてあるだけの簡素な温泉だ。
私が訪れたのは夏だったので小屋が造ってあったが、夏以外の時期は360度オープンの完全な露天風呂であるらしい。

湯船の底には石がゴロゴロ.. おそらく、海岸もしくは海底そのままの姿なのであろう。そのため底には「すのこ」が沈められていた。

湯はほぼ無色透明で塩辛い。源泉はかなり熱く、しばらく人が入っていないと熱湯のように熱くなってしまうようだ。
初めて訪れた時は先客(地元の漁師と思われる)が入っていたので適温になっていたが、2度目の時は誰もおらず、とても入れないほど熱くなっていた..

風呂のすぐ前は海で、波の高い時は波しぶきがかかるほどだ。波音を聞きながら、ぼんやり海を眺めての入浴は最高である。天気が良ければ、沖には国後島がはっきりと見える。
 
 泉質

弱食塩泉 75度

 
 日帰り入浴情報

4月下旬から9月中旬まで利用可能 無料

 
 アクセス

羅臼町の市街から車で約30分。

 
|戻る|

スパミシュラン 北海道の温泉

JAL日本航空 先得







こんな場所にある

 
  初入湯年: 1998年
  (最終更新日: 2011年7月)