草津温泉 お宿 平の家

群馬県吾妻郡草津町草津121-2 Tel:0279-88-2828
http://www.kusatsu-hiranoya1126.com/

草津温泉の中心、湯畑の真ん前にある旅館。1階が蕎麦屋で、上の階に客室があるらしい。
蕎麦屋の入り口に、「日帰り入浴できます」という看板が出ていたので、入ってみた。蕎麦屋のレジで入浴料を支払う。ちなみに、ここで食事をすれば、入浴料が20%引きになるとのこと。

浴室のドアを開けると、うわっ、暗い.. 照明がかなり落としてあるので、仄暗い中、湯煙がモウモウとしている。
風呂は意外に大きめだ。10人ぐらいは入れるのではなかろうか。

湯は白濁しており、強い酸味と濃厚な硫化水素臭あり。もちろん純然たる源泉掛け流しで、加水も一切行なっていない。湯の温度は湯量だけで調整しているのだ。これは素晴らしい!

ここの湯は、白旗源泉からの引き湯である。白旗源泉は、草津最古の源泉と言われており、10軒ほどの旅館にしか引湯されていないという。
その中でも、この「平の家」は「唯一の自然流下の単独パイプ」だそうで、とりわけ新鮮な源泉が使われているらしい。

いや〜、これは気に入った。硫化水素の香りが強く漂う、まさに私好みの湯だ。
草津の中でも、この白旗源泉は、地蔵源泉と並んで硫黄が多く含まれた素晴らしい泉質である。その貴重な湯に入れるということで、お奨めの一湯だ。次は是非、宿泊で訪れてみたい。
 
 泉質

酸性・含硫黄-アルミニウム-硫酸塩・塩化物泉(硫化水素型) 50.8度

 
 日帰り入浴情報

10:00〜20:00 無休 1,000円

 
 アクセス

JR吾妻線長野原草津口駅から草津温泉行きバスで約25分、終点下車。

 
|戻る|

スパミシュラン 群馬県の温泉


 
  初入湯年: 2017年
  (最終更新日: 2017年2月)