川原湯温泉 王湯会館

群馬県吾妻郡長野原町川原湯 Tel:0279-83-2591 (川原湯温泉協会)
http://www.kawarayu.jp/onsen.html

《群馬県での宿泊予約は こちら から》
民主党が政権を取った時に大騒ぎの舞台となった八ツ場ダム。結局、建設続行が決まり、川原湯温泉はそのダム湖に沈んでしまうこととなった。
昔からあった共同浴場「王湯」は、2014年6月末で閉鎖され、代わって高台の代替地に造られたのが、この新「王湯会館」である。

久々に川原湯を訪れてみたところ、JRの線路が山側に付け替えられており、川原湯温泉駅も高台に移設されていた。
新・王湯は新しい川原湯温泉駅から歩いて10分少々、まだ周りにはほとんど何もない場所にポツンと建っている。

さすがにできたばかりなので、外観も内装も浴室も、新しくてピカピカである。内湯と露天風呂から成り、どちらも石張りの趣きある造りだ。
以前の旧・王湯では、内湯と露天が別々の所にあって、裸のまま行き来できないのが不便だったが、新・王湯ではそれが解消されているので有難い。

特に露天風呂からの眺めは秀逸で、木立越しに、もうすぐダムに沈む川原湯の谷を見下ろすことができる。ダムが完成すると、おそらくこの露天からの眺めは、すべて湖になるのだろう..

湯はほぼ無色透明無味無臭。
この湯は、今までの川原湯温泉の源泉ではなく、新たに掘削されたものだ。高温の素晴らしい湯ではあるが、以前の王湯は硫化水素の香りに溢れていたので、それと比べるとどうしてももの足りなく感じてしまうかもしれない。
しかし、これは新しい温泉だと考えると、文句なしに素晴らしい泉質である。もちろん、純然たる源泉掛け流し!

この新・王湯を中心に、川原湯の新しい温泉街ができていくと聞いている。ダム湖に面した風光明媚な温泉街..
今まで以上に魅力ある温泉になることを願っている。
 
 泉質

含硫黄-カルシウム・ナトリウム-塩化物・硫酸塩泉 79.3度

 
 日帰り入浴情報

10:00〜18:00 不定休 500円

 
 アクセス

JR吾妻線川原湯温泉駅から徒歩12分。

 
|戻る|

スパミシュラン 群馬県の温泉

宿・ホテル予約ならじゃらんnet


 
  初入湯年: 2014年
  (最終更新日: 2014年12月)