横壁温泉 白岩の湯

群馬県吾妻郡長野原町横壁

《川原湯温泉での宿泊予約は こちら から》
「八ツ場三兄弟」の共同浴場3軒め。ここも見つけるのに苦労した..
ダム湖にかかる予定の大きな橋の建設現場近くにある浴場で、ここも地図にない道がいっぱいできていて、どこにあるのかさっぱり判らない.. 車で付近を何度もグルグル回り、もう諦めかけた時、工事現場の入口に「横壁温泉」と書かれた看板を発見した。どう見ても完全な工事現場で、ブルドーザーやショベルカーがせわしなく動いている.. 普通ならこんな所には絶対入っていけないが、看板を頼りに奥へ進んで行くと、小さな湯小屋がひっそりと佇んでいた。
いや〜、これぐらい判りにくいと、見つけた時の喜びもひとしおですなぁ..

浴場の中に入ると、電気が消えて誰もいない様子。「やった! 独占湯だ!」と期待に胸膨らませて湯加減を見ると.. 熱っ! しばらくの間、誰も入浴しなかったようで、浴槽の湯もほぼ源泉の温度(60度ぐらい?)になっていたのだ。
水を全開にして待つこと5分。ようやく入れる温度になってきたので、ゆっくり浸からせてもらう。溢れ出た湯がザバーっと床を流れる.. まさに至福のひとときである。

湯は無色透明で金気臭あり。湯口にコップが置いてあるので、飲泉も可能なのだろう。少し口に含んでみると、ダシのようなまろやかな味がした。

ここの浴場も、他の「八ツ場三兄弟」と同様、ダム建設に伴う住民サービスの一環で作られたものである。そのため、湯小屋の作りはどこも似ているが、三兄弟の中ではここが最も鄙びた感じがする。ただし、浴槽はもちろんポリバスだが..
 泉質
ナトリウム・カルシウム-塩化物・硫酸塩泉
 日帰り入浴情報
7:00〜17:30 無休(清掃時は入浴不可) 300円
 アクセス
JR吾妻線川原湯温泉駅から車で約10分。
|戻る|

スパミシュラン 群馬県の温泉

JAL日本航空 先得







頭上で建設中のダム橋
(この橋は陽の目を見るのだろうか..)

 
初入湯年: 2009年
 (最終更新日: 2009年9月)