林温泉 かたくりの湯

群馬県吾妻郡長野原町大字林字宮原570

《川原湯温泉での宿泊予約は こちら から》
岩陰の湯」に続いて次に訪れたのは、「八ツ場三兄弟」2つめの共同浴場、「かたくりの湯」である。ここもダム工事に伴う住民サービスの一環で作られた浴場だ。

ここは探すのにちょっと苦労した.. 林という高台の集落にあるとのことで、だいたいの場所は聞いて行ったものの、ダム工事の関係で地図に載っていない道がいくつもできており、結構迷ってしまった。
ようやく見つけ出した浴場は、別の建物の裏にひっそり隠れるように建っており、これは知らないとまずたどり着けないであろう。

新しくてきれいな浴場で、「岩陰の湯」と同じく木をふんだんに使った立派な造りだ。ただし、ここも浴槽はやはりポリバス.. 「岩陰」より少々小さめで、2人が入ればもう一杯になる。

湯は無色透明で、薄い塩味が感じられる。しかし、この温泉の最大の特徴は、何と言っても油臭だ。まず、浴室に入っただけで油の匂いがプンと香る。ましてや湯に浸かろうものなら、強烈な油臭が鼻を襲ってくる.. まるで石油に浸かっているような感覚である。

他の「八ツ場三兄弟」と同様、ここも純然たる源泉掛け流しだ。60度ぐらいだろうか、手で触れないほど高温の源泉がパイプからどんどん注がれ、そのまま溢れている。もちろんそのままでは熱くて入れないので、水を大量に足しながらの入浴であった..

この「かたくりの湯」も、ダム湖に沈んでしまうのだろうか? (高台にあるので、おそらく残るのだと思われるが..)
いつまでも残してほしい、そんな素晴らしい温泉だ。
 泉質
ナトリウム・カルシウム-塩化物泉
 日帰り入浴情報
9:00〜17:00 無休(清掃時は入浴不可) 300円
 アクセス
JR吾妻線川原湯温泉駅から車で約10分。
|戻る|

スパミシュラン 群馬県の温泉

JAL日本航空 先得




 
初入湯年: 2009年
 (最終更新日: 2009年9月)